『シンカリオンZ』第25話 走行できる線路のない四国に巨大怪物体!

4月9日(金)より放送中のテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』第25話の先行カットが公開された。

新幹線が変形するロボット「シンカリオン」と、その運転士たちの活躍を描く『新幹線変形ロボ シンカリオン』シリーズ。その最新作である『新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)』が、テレビ東京系6局ネットにて2021年4月9日より毎週金曜よる7時25分から放送中だ。

その第25話「SHIKOKU ROCK FESTIVAL」は10月29日(金)放送。

今回は、四国の景勝地・大歩危(おおぼけ)が舞台。巨大怪物体が同地に現れるが、四国には新幹線が走れる線路がない。巨大怪物体にシン(CV:津田美波)たちはどう立ち向かうのか!?

また、場面写真には新幹線超進化研究所の制服を着た新たな人物や、光るギターのようなものを手にした「シンカリオンZE6こまち」の姿が…。ロック大好きな運転士・ハナビ(CV:寺崎裕香)の活躍にも期待ができそうだ。

詳しいあらすじ、先行カットはこちら!

<第25話 「SHIKOKU ROCK FESTIVAL」>

徳島県大歩危、岩手県遠野。妖怪にゆかりの深い二ヶ所に新たな地下空間が見つかり、大興奮のシン。その直後、大歩危付近に子泣きじじいに似た姿の巨大怪物体が出現した。

折しも、愛媛県西条市ではハナビの父・タネビたちが翌日の花火大会の準備を進めている最中。対応を迫られる超進化研究所だが、四国にはシンカリオンZが走行できる線路がない。果たして、E6こまちを大歩危に送り込む方法はあるのか……?

>>>アブトに何かを訴えるセツラの姿も 第25話先行カットを全て見る(写真7点)

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX