国内の優れたドラマ作品を表彰する『東京ドラマアウォード2021』の授賞式が10月27日、都内で行われ、 窪田正孝が『連続テレビ小説 エール』(NHK)で主演男優賞を、綾瀬はるかが『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)で 主演女優賞を受賞した。

『国際ドラマフェスティバル in TOKYO』のメインイベントとして行われる同アウォードは世界各国での市場性や商業性に評価基準を置き、国内の優れたドラマ作品を表彰する。助演男優賞は『俺の家の話』(TBS系)で西田敏行が、助演女優賞は『俺の家の話』(TBS系)で江口のりこが受賞。連続ドラマ部門の作品賞は、『俺の家の話』がグランプリを獲得。単発ドラマ部門の作品賞はNHKの『太陽の子』がグランプリとなった。

窪田は作曲家の古関裕而と妻・金子をモデルとし、作曲家と妻の生涯を描く『連続テレビ小説 エール』で主演男優賞を受賞。古関がモデルの主人公の人生を生きることで、「現代では体験できないことを体験させてもらったのが何よりよかった」と感想を述べ、「キャストのみなさん、スタッフのみなさんが本当に素晴らしかった。本音で作品のことを語り合った」と本作の関係者もねぎらった。また古関の曲で好きな曲を問われ、「僕は野球少年だったので『栄冠は君に輝く』が特に好きでした」と話して笑顔を見せた。

綾瀬は『天国と地獄〜サイコな2人〜』で主演女優賞を受賞。「最近、強い女性の役が多いんです」と笑顔でコメントしつつ、同作での演技について「追う側にも追われる側にもなる難しい役どころでした。監督、スタッフさん、高橋(一生)さんといろいろお話させてもらい、一緒に作っていきました」と振り返った。

西田と江口は『俺の家の話』でそれぞれ助演男優賞と助演女優賞を受賞。西田は「役としてのミッションは能楽師で人間国宝。アルツハイマーだったり、そのミッションが多すぎて頭が混乱しそうだった」と笑顔で撮影を振り返り、「でも素晴らしい脚本、演出、共演者に恵まれて、今日この日を迎えられた」と感慨深げ。江口も「とにかく脚本が面白くて、台本が来るのが楽しみでした。(大変なことより)嬉しいな、楽しいなっていう気持ちが大きい撮影でした」と振り返っていた。

また、単発ドラマ部門のグランプリを獲得した『太陽の子』に出演した柳楽優弥もこの日壇上で受賞の喜びを述べた。同作は“日本の原爆研究開発”を背景とした物語。柳楽は国の極秘任務に携わる科学者・石村修を演じたが、「監督の演出をしっかり丁寧に受けて、修という役柄に近づけていけた」と感想を述べ、原爆の研究が日本でも行われていたことについて「お恥ずかしながら事実を知らなかった。撮影が進むにつれて知ることができた。役者としても一人の人としても事実を知ることができてよかった」と話していた。