『終末のワルキューレ』第5話 全人類の父・アダムvs神々の父・ゼウス

Netflixにて独占配信中、2021年10月1日(金)よりTV放送中のアニメ『終末のワルキューレ』の第5話あらすじ&場面カットが公開。第5話副音声では、沢城みゆき×黒沢ともよのオーディオコメンタリーを放送する。

ワーナーブラザースジャパンとコアミックスが企画プロデュース、大久保政雄が監督、グラフィニカがアニメーション制作を務め、2021年6月よりNetflixにて独占配信開始となった『終末のワルキューレ』。

全世界の神代表vs人類代表による、人類存亡をかけた一対一<タイマン>13番勝負が繰り広げられる本作は、2018年より『月刊コミックゼノン』(コアミックス)にて連載スタートした、累計発行部数900万部突破の漫画『終末のワルキューレ』(作画:アジチカ 原作:梅村真也 構成:フクイタクミ)のアニメ化プロジェクトだ。

2021年6月17日(木)より全世界独占配信が始まるやいなや、Netflixの『本日のTOP10(総合)』で1位、Twitterのトレンドに上がるなど好調なスタートを記録。8月にはアニメ第2期の制作と第1期のTV放送も決定し、今大注目の作品となっている。

第5話は10月29日(金)24:30より、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送開始。なお、TV放送限定の第5話の副音声は、沢城みゆきさん(ブリュンヒルデ役)、黒沢ともよさん(ゲル役)が担当する。

あらすじ、場面カットはこちら!

<第5話 「File No.00000000001」>

激闘の末、第1回戦はトールの勝利で決着した。

敗者は、転生も救済もなく消滅させられることを知った戦乙女〈ワルキューレ〉末妹・ゲルは、その事実に涙を流す。

人類存亡の希望をつなぐため、第2回戦には、神に最も憎悪を抱く、全人類の父・アダムが選ばれた。

対する神代表には、神々の父と呼ばれるゼウスが登場、予想外の展開に場は騒然となる――。

【各話スタッフ】

脚本:筆安一幸/絵コンテ:山本靖貴/演出:山本靖貴/総作画監督:飯田史雄

【副音声出演キャスト】

沢城みゆき(ブリュンヒルデ役)、黒沢ともよ(ゲル役)

また、アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」では、本編に続けて限定特別オリジナルミニアニメを毎週放送中! 今回は、ヘルメス(cv:諏訪部順一)とアレス(cv:田所陽向)が第5話の内容を視聴者と一緒に振り返る。他の放送局や配信では公開していない、ここでしか見ることのできないオリジナルミニアニメにも注目だ!

>>>入場曲を奏でるヘルメスの姿も 第5話場面カットを全て見る(写真7点)

(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会