『劇場版 呪術廻戦 0』キャラクター総登場のKVがついに解禁!

12月24日(金)公開予定、『呪術廻戦』初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』のキービジュアルが公開となった。

『呪術廻戦』は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の芥見下々による漫画で、呪いを祓う才能の持ち主が集められた「東京都立呪術高等専門学校」を中心に、人間と呪い、そして呪術師の陰謀が渦巻く独特の世界観で描かれる作品。

それを原作としたTVアニメシリーズが2020年10月よりMBS/TBS系全国28局ネット ”スーパーアニメイズム” 枠にて放送され、MBS/TBS深夜アニメ枠歴代1位の視聴率を獲得、今なお定額制動画配信サービス全体の視聴者数も高順位を維持し続けるなど、原作・アニメ共に一大ムーブメントを起こし続けている。

そんな本作初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』は、ファンにとって重要な ”百鬼夜行の決行日” である12月24日(金)に公開予定。本作の主人公・乙骨憂太、同級生となる禪院真希、狗巻棘、パンダ、最強の呪術師・五条悟、最悪の呪詛師・夏油傑のビジュアル解禁に加え、乙骨を緒方恵美が、乙骨の幼馴染で呪いと化す祈本里香を花澤香菜が演じることが発表され、既に大きな話題となっている。

そしてこの度、本作のキービジュアルが遂に完成!

呪術高専を中心とした呪術師たちと、呪殺を生業とする呪詛師の中でも、最悪の呪詛師である夏油傑との戦いを描く本作に相応しい、 ”呪い合え、全てを懸けて” と綴られたインパクトのあるコピー。そして、刀を構え特級過呪怨霊・里香を従えた乙骨、戦闘態勢をとる真希・棘・パンダ、両目を覆う白の包帯から片目をさらし戦闘開始を匂わせる五条、禍々しいオーラを放ちながら片目を赤く光らせる夏油と、キャラクター総登場の迫力あるビジュアルに仕上がっている。

このビジュアル解禁にあたり、監督・朴性厚は「今まさに『劇場版 呪術廻戦 0』鋭意制作中です。年末の12月24日公開に向けて、スタッフ一丸となり挑んでおりますので、是非皆様楽しみに映画館まで足をお運びください」とコメントを寄せている。

なお、こちらのキービジュアルを使用したムビチケカード型前売券が、12月3日(金)より劇場限定で販売開始。またTOHO animation STOREで現在発売中のキャラクター別ポスタービジュアルを使用したオリジナルグッズ付きムビチケカード型前売券に加えて、ティザービジュアル版、キャラクター別ポスタービジュアル版のムビチケカード型前売券(券面のみ)などの各種前売券も11月5日(金)から販売スタートとなる。

さらに、デジタル版『週刊少年ジャンプ』定期購読者限定にて、劇場版制作決定時に公開した原作者・芥見下々先生描き下ろしビジュアルを使用したムビチケカード型前売券も発売決定! こちらは10月29日(金)より販売開始だ。

>>>キービジュアルや本ポスターを見る(写真3点)

(C)2021 「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社