後藤真希、10年ぶりの写真集から圧倒的透明感の先行カットが公開【写真6点】

後藤真希が11月29日に10年ぶりとなる写真集『ramus』(講談社)を発売する。

【写真】開放的な空間でしなやかなボディをシュート、後藤真希写真集先行カット【6点】

モーニング娘。として13歳で鮮烈なデビューを遂げてから22年。透明感あふれるビジュアルで、奇跡の36歳とも語られる後藤真希。アイドル時代を経て、ひとりのアーティストとして、ひとりの女性としてさまざまな経験を重ねオトナになった今だからこそ表現できる「自分らしさ」を1冊に凝縮させた。当時を彷彿とさせる、少⼥のような無邪気な笑顔はもちろん、ぐっと艶やかなオトナの表情まで、多彩な輝きを楽しめる写真集に仕上がっている。

今あらためて「レジェント」として若い⼥性を中⼼にそのエイジレスな「ゴマキビューティ」に視線が集まるなか、惜しみなく美しい肢体を披露。ランジェリーカットをはじめ、開放的な空間でしなやかなボディを贅沢に捉えたカットの数々は必⾒だ。

タイトルの「ramus」はラテン語で「枝」の意で、後藤真希⾃らが発案。⼥性にも⼈気の⾼く、後藤真希⾃⾝も関⼼を持っている占い「四柱推命」によると、彼⼥の星は「花」。「⾃分の星が花」であるならば、これまで自分を⽀え、愛してくれているすべてのファンは彼⼥を照らす太陽であり、育ててくれる⼟であり、⼼に潤いを与える⽔だと感じている、との思いでタイトルに想いを巡らせる中、たどりついたのがこの「ramus」だったという。愛情という養分を得て、これからも少しずつ、枝葉を広げるように成⻑していきたいという感謝の気持ちが込められている。

▽後藤真希コメント

約10年ぶりの写真集。36歳になった私がまた1つ作品を残せる事を嬉しく思います。そして、今回この一冊を自分自身でみて、今までの私よりもっとナチュラルに自然な私で居ることに気付きました。肩の力を抜いて、沢山笑って、とても楽しい撮影でした。是非沢山の方に手にとっていただけたらと思います。

【あわせて読む】後藤真希が10年ぶりとなる写真集を発売決定、懐かしの過去グラビアショットも公開