なんと…ホンダS660追加生産! 何台つくる? どのグレードが販売される? 

今年3月、2022年3月にて生産を終了すると発表されたホンダの軽ミッドシップスポーツ、S660。この発表と同時に最後の特別仕様車「S660 Modulo X Version Z(モデューロ エックス バージョン ゼット)」が315万400円で設定され、注文が殺到。そしてベース車も含めてすぐ完売…。すでにS660は新車で購入できない状況にあった。

しかしである。とある販社筋から、「エスロク(S660)の追加生産が決まったようです」との情報が! まだメーカーからの正式発表はないため、複数の販社に情報を確認すると「確かにそういった情報がおりてきてます」とのことだった。 

ではどのモデルが追加生産されるのか? もしや最後のバージョンZがまさか!? 

【画像】もう買えない最終特別仕様車「バージョンZ」ほか

「それは(バージョンZ)ないです。それをやったら怒られちゃいますよ(笑)。追加生産されるのは、基準車のアルファとベータと聞いてます」

価格は生産終了発表時点と同じで、アルファが232万1000円、ベータが203万1700円。さて何台追加生産されるのだろうか?

「全国で650台と聞いています。50台は全国で抽選方式を採り、残りの600台は全国の販社にそれぞれ割り当てられるようです」

「S660」なのに全国650台とは…。生産可能なギリギリの台数が650台ということなのだろう。ちなみに2022年3月の生産終了時期に変更はない模様。追加生産分も、そのタイミングまでに生産されるようだ。

S660を新車で購入するチャンスは、これが最後だろう。

〈文=ドライバーWeb編集部〉