NTTドコモとメドレー、市販薬ECのミナカラの全株式を共同取得 メディカル領域のサービスを拡大

NTTドコモとメドレーは10月22日、ECサイトを通じた一般消費者向けの市販薬の販売を展開するミナカラの全株式を共同取得すると発表した。メディカル領域のサービスを拡大し、患者の医療活用支援の加速を目指す。

ドコモとメドレーは、患者が医療ヘルスケアを使いこなせる未来を実現するため、2021年4月に資本業務提携を締結。現在、医療機関におけるオンライン診療システムやオンライン服薬指導システムの導入が順調に進んでいることを背景に、患者の医療活用をのさらなる加速を目指し、オンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」の共同運営や新サービスの展開を予定している。

この度、メディカル領域において重要な「薬」に関する知見が深く、患者のオンラインサポートのノウハウも有するミナカラのアセットが加わることで、これまでよりも付加価値の高い医療活用支援サービスをより早く開始できるとの考えから、ミナカラの全株式の共同取得に至ったとしている。2013年に設立したミナカラは、「ヘルスケアをもっと身近で感動的に。」の企業理念のもと、主にECサイトを通じた一般消費者向けの市販薬の販売を展開し、患者のプライマリ・ケアに貢献してきた。

ドコモとメドレーは、ミナカラの既存株主から全株式を共同取得するとともに、積極的な成長投資に向け、ミナカラの第三者割当増資を引き受ける。出資比率は、NTTドコモが85.1%(37.96億円)、メドレーが14.9%(6.64億円)。なお、メドレーは、ミナカラから総額12.39億円の転換社債型新株予約権付社債も引き受け、当該新株予約権付社債の転換権を全て行使した場合、メドレーはミナカラの議決権の33.4%を保有することになる。