ヤクルト・村上宗隆

○ ヤクルト 6 - 4 巨人 ●

<25回戦 神宮>

 24日にインターネットで実況生中継した『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、ヤクルトの4番・村上宗隆について言及した。

 村上は4回の第2打席に打点リーグトップの岡本和真(巨人)に1打点差に迫る適時打を放つと、続く5回の第3打席には今季105個目の四球を選んだ。ちなみに、2位の鈴木誠也(広島)は86四球だ。

 大矢氏は四球数の多い村上について「(投手は)9月になると失投したらホームラン打たれるという気持ちが常にあるんですよね。ボール球が増えるので、どれくらい我慢ができるかというのがホームランを打てる選手のテーマになるんだけど、1年目から比べると大成長ですよ」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)