入浴剤専門サイト「バスハーモニー」、今夏のEC売上は2倍に ボディーケア商品の拡充が奏功

入浴剤のECを手掛けるヘルスビューティーは今年5月から、自社ECサイト「入浴剤専門サイト バスハーモニー」で、シャンプーやリンスといったボディーケア商品の販売に乗り出している。入浴剤だけでなく、顧客の潜在的な需要に応えている。

ボディーケア商品は従来、卸売りだけで対応していた。卸売り先の顧客から「小売りしてほしい」と要望されたこともあったという。

今夏は爽快感のあるシャンプー(写真左)が順調

今夏、自社ECのボディーケア商品は、清涼感を感じられるクール系シャンプーの引き合いが高まった。今後は秋向けのラインアップを展開する予定だ。

自社サイトを含むECの今年7~9月の売り上げは、昨年の同時期と比較して約2倍になった。「楽天市場」の店舗では、人気の入浴剤「温浴素じっこう」のランディングページを刷新したり、「お買い物マラソン」などのセールイベント前に、購買を促すダイレクトメールを顧客に送信するようにしている。

自社ECのトップページ

昨今、入浴剤はギフトとしての需要も高まっている。贈る機会は、引っ越し祝いや誕生日などで、年末にかけては、クリスマスや歳暮シーズンに引き合いが増えそうだ。「ギフト需要に応えられるような対応を増やしていく」(松田社長)と話している。

コロナ禍の「巣ごもり消費」の観点からは、入浴剤の自家需要も増加しているとみている。「巣ごもり消費」の今後の見通しは、外出機会がコロナ前にどれほど戻るかによると考えている。今後はコロナに関係なく、ブランドの認知拡大やファンづくりに努めていく方針だ。今期(22年9月期)のEC売り上げは、前期比倍増を目指す。

「入浴剤専門サイト バスハーモニー」

https://bathharmony.jp/