10月23日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)では、大切な試合に選手がコンディションのピークを持っていくためのピーキング術を特集。元U-21日本代表の金古聖司をゲストに迎え、様々な事例を交えながら、ピーキングの方法を紹介していく。

ピーキングとは、試合にピークをもっていき、最高のパフォーマンスを発揮すること。今まで感覚に頼りがちだった選手のコンディションを可視化。怪我の防止にもつながるため、スポーツ界に広まりつつあるという。2016年、本庄第一高校のサッカー部監督に就任した金古は、「現役時代はコンディションを維持するのがすごく難しく、高校の指導者になったときにコンディション管理の重要性を伝えたかった」と吐露。怪我に苦しめられた選手生活を振り返りながら、ピーキングの重要性を語っていく。

さらに、番組では市立船橋高校サッカー部を取材。全国高校サッカー選手権で5度の日本一に輝いた名門校では、ピーキングを重視しており、自己管理のためのスマホアプリ「ONE TAP SPORTS」を導入している。選手たちは睡眠時間や運動強度を自身で入力。GPSによって客観的なデータも収集し、選手の疲労度や痛みなどを可視化している。

スタジオには「ONE TAP SPORTS」を開発した株式会社ユーフォリアのCEO・宮田誠も登場し、高校やプロで導入が進むアプリについてMCの勝村政信らとトークを展開。アプリ開発のきっかけにもなったある人物からの依頼とは? また、解説の都並敏史が現役時代にラモス瑠偉から授かったコンディション管理に関する助言を明かす。

また、日本代表としてロシアW杯を戦い、ブンデスリーガ時代は日本人初のチームキャプテンも務めた酒井高徳がVTRで出演。自身がドイツで行っていたピーキング術や、試合にピークを持っていくために設けていた基準などが語られる。