aespaが明かす、仮想世界を描くK-POPアイドルの絆と人間らしさ

快進撃を続ける4人組ガールズグループ、aespa(エスパ)に米ローリングストーン誌がインタビュー。Karina、Winter、Giselle、Ningningが温和で人間らしい一面を明かす。

【動画を見る】aespa、人気TV番組でダンスを披露

2020年11月にデビューしてから11か月で、Karina、Winter、Giselle、Ningningの4人組、aespaはあっという間に韓国でもっとも注目のポップグループの仲間入りを果たした。最近リリースされた1stミニアルバム『Savage』など現実世界でのリリースに合わせて、所属レーベルSM Entertainmentはアバターと悪役が混在する画期的な仮想空間を構築した。もっともメンバーに尋ねると、成功をもたらしたのは人間的な要素だと言う。「隠し事をしないで、ほぼ全てを互いに共有していることだと思います」と、Karinaはローリングストーン誌に語る。「私たちは固い絆で結ばれた家族のようなもの、だから私たちのチームワークは絶大です」

コロナ禍のさなかにデビューした彼女たちは、オンライン上でファンとつながることにかけてはお手の物。他のアーティスト同じく積極的にTikTokアカウントを活用し、トレンドにのって自分たちの音楽をプロモーションしている。「空いた時間ができたら一緒に練習して撮影できるように、毎日お気に入り(のTikTokトレンド)をシェアしています」とNingning。Giselleはファン・コンテンツを集めたSM EntertainmentのソーシャルプラットフォームPinkBloodを見た時のことをこう振り返る。「メンバーと一緒に見ていたんですが、(ファンの)才能にみんなで驚きました!」

とはいえ、日常生活の「些細なこと、レストランやカフェに行ったりするようなこと」が恋しい、とNingningは付け加えた。「前はよく美味しいものを食べに行ったり、何時間もおしゃべりできるようなカフェをいろいろチェックしていました。そういうことがまた自由にできるようになればいいですね」と彼女は言う。「何よりも、ファンの皆さんの前で直接パフォーマンスしたいです!」

「近未来のイメージ」とは別の一面

10月5日にリリースされた『Savage』には同名のタイトルトラックも収録されている。この作品はビジュアル的にもサウンド的にも近未来的要素を全面に押し出し、aespaの仮想世界をさらに広げている。

WinterはEPの4曲目「Yeppi Yeppi」が個人的にお気に入りだそうだ。「私たちのこれまでの曲とは雰囲気が全然違って、aespaの違う一面が出ています。でも何より、ファンの皆さんの前で明るくハッピーなエネルギーをライブで届けるには最高の1曲です。この曲をライブでパフォーマンスした時の感動が待ちきれません」

「「Yeppi Yeppi」のレコーディングはとくに楽しかったですね」とGiselleも続けた。「この曲はエネルギー満載ですから、私たちも自然とレコーディングしながらエキサイトしました。とくにアドリブ部分の収録はとても楽しかったですね。全員でブースに入って、思いっきり歌いまくりましたから」

ここまでaespaのコンセプトやスタイルには、デジタル世界やデジタルユニバースといったテーマと合致するダークで近未来な雰囲気があった。だからメンバーも嬉々として、自分たちの個性の別の一面を見せている。Karinaは最近ひそかに韓流ドラマを鑑賞していると投稿した――英語の勉強のために『フレンズ』も見ているという。また最近ハマっているアーティストとして、ケラーニやエラ・メイの名前も挙げている。

aespaが語る将来の展望

Winterはこの11カ月間の一番の思い出として、メンバーと長い散歩をしたことをこう振り返る。「ちょうど(デビュー曲)「Black Mamba」のプロモーション中で、デビューからすぐに愛や声援を受けたことにみんなで感激して、圧倒されていた時期でした」と本人。

「気分転換にみんなで遠くまで散歩して、お互いの胸の内を洗いざらい話しました。私個人の気持ちをメンバーと共有できたことは大きかったですね。みんな誰よりも私のことを理解していますし、あの時はそれを再確認できました。本当に特別でした」

aespaのメンバーは1年目で愛され、それを謳歌しているが、今後控えているチャンスにも貪欲だ。彼女たちの音楽人生には、まだまだたくさんの「初めて」が控えている。その最たる例として、Karinaは番組出演を挙げた。

「『Savage』のプロモーションで、韓国で人気のTV番組『Amazing Saturday』やYouTubeの番組『MMTG』に出演しました」と彼女は言う。「個人的にも大好きな番組なので、ゲストとしてお招きいただいて感激でした。子供の頃に憧れていた偉大なアーティストと会えたことも格別でした。この先4人で番組に出演するチャンスがもっと増えたらいいなと思っています!」

From Rolling Stone US.