ローリング・ストーンズ『Tattoo You』を再検証 このアルバムこそ絶頂期だった?

名曲「Start Me Up」を収録した、ザ・ローリング・ストーンズ1981年の名作『Tattoo You』(邦題:刺青の男)の40周年エディションが10月22日にリリースされた。オリジナル11曲の最新リマスターに加えて、デラックス盤には未発表曲集「Lost & Found: Rarities」とライブ盤「Still Life: Wembley Stadium 1982」も付属。今回のリイシューを踏まえつつ、2021年の視点で同作を再検証する。

今から40年前の秋、ザ・ローリング・ストーンズがアルバム『Tattoo You』をリリースした。当時のアルバムのクレジット表記が曖昧で不十分だったために、アルバムリリースとツアーがセットになった典型的な作品とは全く異なる、という事実を知る者はほとんどいなかった。1981年の米国ツアーに合わせた新作の制作を求められていたバンドは、ミック・ジャガーとエンジニアのクリス・キムジーが中心となり、過去の未発表作品や不完全なトラックを発掘してヴォーカルや楽器を加え、新作として急きょ仕上げた。1995年のローリングストーン誌のインタビューで、ミック自身も認めている。「お蔵入りしていた大量の未完成トラックを引っ張り出して作った。他のメンバーはほとんど関与できる状態ではなかったからな」

アルバムのオープニングを飾り、長年に渡り愛されてきた歯切れのよい「Start Me Up」は、どう考えてもスタジアムでの演奏を念頭に書かれた作品だ。またソニー・ロリンズのサックスソロをフィーチャーした、ストーンズらしからぬ心に染みる楽曲「Waiting on a Friend」(邦題:友を待つ)は、バンドの名曲のひとつとなった。時と共に影が薄れがちだった『Tattoo You』だが、リリース40周年を記念して豪華なデラックスエディションが用意された。オリジナルのアルバムに加えて、アウトテイク集や、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで1982年に録音されたライブ盤も付属するスペシャルバージョンもある。しかし、ストーンズのアルバムの中で最もスムーズに制作できなかった作品が、なぜ今なお人気を持続しているのだろうか。

『Tattoo You』はストーンズ最後の傑作なのか?

ミックは1995年のインタビューで、「目的や場所や時間に一貫性のないアルバムだ」と語っている。確かにその通りかもしれないが、ノリのよい「Hang Fire」やゴリゴリのブルーズ曲「Black Limousine」(邦題:黒いリムジン)から「Waiting on a Friend」に至るまで、駄作などひとつもない。ところが次作の『Undercover』以降は、そうとも言い切れない。リミックスを担当したボブ・クリアマウンテンの優れた手腕のおかげで、バラバラな断片が自然で一貫した作品に仕上がった。過去の残骸から拾い集めてまとめるのは、至難の技だったろう。

LP盤にノスタルジーを感じる人に最適なアルバム

リリースされた当時のLP盤は、2つのパートに分かれていた。ギターとビートが強調されたA面はロック色が濃く、B面はキーボードを多用したミドルテンポのソフトでエレガントな楽曲が多い。アルバムの曲順はCDの登場から意味を成さなくなり、ストリーミング時代の今は全く消えてしまった。しかし『Tattoo You』は、A面とB面がそれぞれ個性を発揮していた遠い時代を思い出させてくれる。特に「バラード」面は、ストーンズのアルバムの中で最もまとまりと一貫性が感じられる。等身大の愛を表現した「Worried About You」に始まり、スローな「Tops」、幻想的な「Heaven」、「No Use in Crying」(邦題:泣いても無駄)と続き、「Waiting on a Friend」で締め括られるB面は、ミックのファルセットを最大限に(かつ最も真剣に)活かしたひとつのムード作品に仕上がっている。

アウトテイクも想像以上に充実

『Tattoo You』が、制作時期から約10年遡った1972〜73年に行われたセッションをベースに作られたと聞くと、そのアルバムにも採用されなかった残り物は本当にクズだと思うだろう。確かに、アウトテイクバージョンを集めた『Lost & Found: Rarities』に収録された「Troubles a Comin」や「Living in the Heart of Love」などは、よくあるロック曲だと言える。ただし、「Troubles」のギターワーク(クレジットなし)は秀逸だ。

しかし、これまで音源がほとんど流出しなかった「Come To The Ball」は、アルバム『Sticky Fingers』の時代を思わせる素敵な曲だ。またアルバム『Its Only Rock N Roll』のセッション時に録音されたドビー・グレイの「Drift Away」(邦題:ドリフト・アウェイ(明日なきさすらい)のリメイクバージョンも、魅力的な曲だと言える。しかしストーンズのメンバーにとっては、イマイチだったということだ。さらに、長い間ブートレッグ盤でしか聴けなかったアルバム『Some Girls』(邦題:女たち)のアウトテイク「Fiji Jim」が、クリアなサウンドで収録されているのも嬉しい。自由奔放でやり邦題だった70年代のキース・リチャーズが帰ってきた。ただ、「Waiting on a Friend」が完成に至る前の初期バージョンも、ぜひ聴いてみたかった。

「Start Me Up」のレゲエバージョンはお蔵入りしてよかった

今回の『Lost & Found』には、「Start Me Up」のごく初期のレゲエバージョンも収録されているが、ボツにして正解だった。聴き慣れたバージョンと比べると締まりがない(ストーンズのレゲエといえば、アルバム『Black and Blue』の「Cherry Oh Baby」の方がずっといい)。

アルバム『Black and Blue』といえば…

『Tattoo You』に収録された楽曲「Slave」(邦題:奴隷)は、最もグルーヴ指向の強かった『Black and Blue』のセッションから生まれたことで知られる。『Black and Blue』の「Hot Stuff」同様、「Slave」も同じコード進行の繰り返しだが、ソニー・ロリンズのサクソフォンという強力な武器が加わっている。ストーンズが時折、いかに海老で鯛を釣っていたかがわかる典型的な曲だ。

ポール・マッカートニーはストーンズを「ブルーズのカバーバンド」と呼んだ

ノーコメント。

ポールはストーンズを「R&Bのカバーバンド」と呼ぶべきだった

『Tattoo You』のデラックスエディションには、ウェンブリー・スタジアム(1982年)での2枚組ライブ盤も含まれる。ストーンズは常に、ソウルやR&Bにも愛着を示してきた。ライブ盤では、ザ・ビッグ・ボッパーの「Chantilly Lace」やエディ・コクランの「Twenty Flight Rock」、ザ・テンプテーションズの「Just My Imagination (Running Away with Me)」、ザ・ミラクルズの「Going to a Go Go」も聴ける。ただ残念なことに、「Just My Imagination」の中で展開する素晴らしいインストゥルメンタル・ジャムを除いては、退屈で盛り上がりに欠ける。

ちょっと待って、「Brown Sugar」もある!

歌詞が現代の風潮にそぐわないという理由から、一時的に最近のセットリストから外されているが、収録されているのはライブ全盛期の1982年の記録だ。残念なことに、この時には既に、観客が一緒に合唱して盛り上がるお決まりの曲になってしまっていた。腰を振りながら挑発する70年代のきわどさは、失われてしまったのだ。

チャーリー・ワッツのドラムを再認識する

今から2カ月にこの世を去ったチャーリー・ワッツ。ストーンズの昔のレコードを引っ張り出して、彼のドラムを懐かしんでいるファンも多いだろう。『Tattoo You』は、彼のドラムを再認識するのに最適な作品だ。「Worried About You」のサビの盛り上がりや「Hang Fire」のクールなイントロ、「Slave」のリズム、「Heaven」の見事なスティックワーク、そして作品全体を通して感じるワッツ特有の繊細なアクセント。あらためて彼の偉大さを知ることになるだろう。そしてワッツ抜きのストーンズは、これからどうなっていくのだろうか。

From Rolling Stone US.

ザ・ローリング・ストーンズ

『刺青の男』40周年記念エディション

2021年10月22日発売

(1)1CD

UICY-16025 2,750円税込 2021年リマスター

※日本盤のみ:英文解説翻訳付/歌詞対訳付 SHM-CD仕様

(2)2CDデラックス

UICY-16023/4 3,960円税込

2021年10月22日発売

CD1:『刺青の男』2021年リマスター

CD2:『ロスト&ファウンド:レアリティーズ』9曲の未発表トラック

20ページ・ブックレット

※日本盤のみ:英文解説翻訳付/歌詞対訳付 SHM-CD仕様

(3)スーパー・デラックス4CDボックス・セット<輸入国内仕様/完全生産限定盤> 

UICY-79756 20,350円税込

2021年11月26日発売

CD1:『刺青の男』2021年リマスター

CD2:『ロスト&ファウンド:レアリティーズ』9曲の未発表トラック

CD3:『スティル・ライフ(ウェンブリー・スタジアム1982)』

CD4:『スティル・ライフ(ウェンブリー・スタジアム1982)』

LP:ボーナス・ピクチャー・ディスク

輸入国内仕様/完全生産限定盤 124ページ豪華ブックレット付 レンチキュラー・アート

※日本盤のみ:英文解説翻訳付/歌詞対訳付 1983年公開の映画『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』日本版パンフレットのミニチュア・レプリカ付 SHM-CD仕様

(4)スーパー・デラックス5LPボックス・セット<直輸入仕様/完全生産限定盤>

UIJY-75210/4 22,000円税込

2021年11月5日発売

LP1:『刺青の男』2021年リマスター

LP2:『ロスト&ファウンド:レアリティーズ』9曲の未発表トラック

LP3:『スティル・ライフ(ウェンブリー・スタジアム1982)』

LP4:『スティル・ライフ(ウェンブリー・スタジアム1982)』

LP5:『スティル・ライフ(ウェンブリー・スタジアム1982)』

直輸入仕様/完全生産限定盤 5 x 180gブラック・ヴィニール 124ページ豪華ブックレット付 レンチキュラー・アート

※日本盤のみ:英文解説翻訳/歌詞対訳付

『刺青の男』40周年記念エディション・オフィシャルページ:

https://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/2021-08-19/