LiSA 新曲『明け星』の歌い出しに「こう来たか!」梶浦由記の作った世界観に納得
LiSAがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。10月18日に配信がスタートした新曲「明け星」について、楽曲の印象を伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! LiSA LOCKS!」10月20日(水)放送分)



LiSA:10月18日にテレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングテーマ「明け星」がダウンロード&ストリーミング配信スタートしました!

こちらは、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編が放送中なので、オープニングとエンディングともに聴いてもらったと思います。(「鬼滅の刃」では)「紅蓮華」「from the edge - FictionJunction feat. LiSA」「炎」に続いて、「明け星」「白銀」で全5曲も担当させていただいております。しかも、「炎」に続いて2回も無限列車編の主題歌をやらせていただくということで……あのね、私も大混乱(笑)。

無限列車編はまず映画として公開されて、そのエンディングテーマとして「炎」が流れて物語が完結したと思いきや……世界中で愛される作品となったということで、「これはテレビ放送でやらにゃいかん!」と。きっとね、思われたんでしょうね(笑)。それはとても有難いことだなと思います。

そして、今回のテレビアニメバージョンにも、オープニングとエンディングが必要ということで。今回は「炎」を一緒に作っていただいた梶浦由記さんに、2曲とも作詞、作曲、編曲を担当していただいております!

オープニングテーマの「明け星」なんですけど……「鬼滅の刃」はポップなシーンもたくさんあるんですけど、どちらかというとダークサイドというか、ダークコミックなんですよね。私の好きなダークコミック! なので「鬼滅の刃」の世界観を最初に作る上で、「明け星」っていうのは「なるほど!」と思いました。

「鬼滅の刃」のオープニングテーマとしては、私が「紅蓮華」という楽曲を歌わせていただいていますけど、梶浦さんがオープニングを担当されるのは初めてなんですね。なので、どんなふうに梶浦さんが無限列車編のオープニングを表現してくださるんだろうな、と思っていたのですが「こう来たか……!」と思いました。

歌い始めの『太陽を~♪』というところの『たい~』は、裏声から入っていくんですね。私の楽曲で裏声から始まるのはないので、すごく新鮮でした。梶浦さんは女性の裏声とか、ハイピッチから入っていく楽曲にすごくキュンとされていて……あのね、これは勝ったね(笑)。梶浦さんをまずレコーディングでキュンとさせられた、っていう“勝ち”もあるし、梶浦さんも優勝した(笑)。こんな発明があるんだ! と、私もすごく驚きました。

この無限列車編と言えば、私も大好きな煉獄さんが活躍する物語です。ぜひこの後も楽しんでほしいなと思います!

――ここで、「明け星」をオンエア

LiSA:(楽曲を聴きながら)これはすごいですよね……! 「鬼滅の刃」の作品を見ていてこの楽曲が流れてきて、もうね、納得したもん。「鬼滅の刃」の世界観ってこういう音が鳴ってるに違いない! と思ったし、情念深い気持ちとか……本当に語りべのような楽曲になっています。

そして、このオープニングテーマの「明け星」、エンディングテーマの「白銀」が入った両A面シングルを、11月17日に発売します。こちらもぜひゲットしてください!

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

★10/18(月)~10/22(金)のSCHOOL OF LOCK! はスペシャル授業を開催!!★