藤田ニコルが『ViVi』誌上最多の年間5回表紙に抜擢「もっとViViを盛り上げていきたい」

モデル・タレントの藤田ニコルが22日(金)発売の『ViVi』12月号(講談社)で、誌上最多となる年間5回目の表紙を飾る。

【別カット】川村壱馬×吉野北人、INIら『ViVi』別表紙カット&掲載カット

今回の表紙について、藤田はキラキラでカラフルな衣装を身に纏いながら「大人になったから着られるようになったよね。ViViに入ったときは今までのイメージを一新して大人っぽくしなきゃで、当分、色とか着れなくて。派手なの大好きなのに」とコメント。

また、2021年にソロと組みを合わせて5回目となるViVi誌上最多表紙抜擢に対しては「もっとViViを盛り上げていきたいんだよね。せっかく同じタイミングで、すっごい可愛いモデルたちが揃ってて。こうやって出会ったのは奇跡みたいな瞬間なんだから、ViViモデル全員で盛り上げていきたい」と嬉しい発言。「後輩にも伝えられることは教えていきたい」と頼もしい想いまで飛び出した。

さらに、「卒業も例えばマタニティフォトで表紙、とかインパクト残したいんだよね。ってそんな予定まったくないんだけど、これ書いたら『藤田ニコル、結婚か!?』ってすぐネットニュースになっちゃうだろうな」と、人気者ゆえの悩みも吐露した。

なお、付録には撮影現場の雑談からできた「ニコルのきらきらぎゃるステッカー」が付いてくる。

【あわせて読む】三上悠亜が振り返るデビュー時の覚悟「ここで成功できないようなら、私の人生は終わり」