“日本一かわいい女子高生”を決める 「女子高生ミスコン2021」のファイナリスト12名が決定

“日本一かわいい女子高生”を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2021」の、ファイナル審査に進出するファイナリスト12名が決定した。

【関連写真】女子高生ミスコン準GP、SUPER☆GiRLSへ、萩田帆風の撮り下ろしカット

“みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生を決める”をコンセプトに掲げる「女子高生ミスコン」は、毎年数多くのスターを輩出している。高校生の生活習慣に基づいたエントリー・審査方法を採用し、グランプリ決定までの過程を視聴者参加型で楽しんでもらう新しい形のミスコンとなっている。

7回目となる今年度も、出場者を全国6エリア(「北海道・東北」「関東」「関西」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」)に分けて審査が行わた。

全国ファイナリストに選ばれたのは、北海道・東北エリアからゆきの、関東エリアからチナ、中部エリアからはなき、関西エリアからみぃみ、中国・四国エリアからあやね、九州・沖縄エリアからゆめか。そして、こんぷりんグランプリのりり、ファイナルラウンドグランプリのあみつん、思春期録審査のマリン、「高一ミスコン2021」グランプリのみずきも最終審査へ。

さらに、LINELIVEを通して行われた敗者復活戦で1位となったじゅら(愛知県出身)、そして審査員特別枠を掴んだまなみん(大阪府出身)の2人が敗者復活枠でファイナル審査へ進むことが決定し、計12人が、全国ファイナリストとして最終審査へ臨む。

「女子高生ミスコン2021グランプリ発表イベント」は、2021年12月11日(土)に開催され、本イベント内で12人のファイナリストからグランプリが決定する。

【合わせて読む】女子高生ミスコン準GPからSUPER☆GiRLSへ、萩田帆風「予想できない可能性を追って」