日向坂46加藤史帆がオードリー&あばれる君への憧れを語る

日向坂46の加藤史帆が10月22日発売の『CanCam12月号』(小学館)に登場している。

加藤史帆は、『CanCam』の専属モデルに仲間入りしてから1年半。誌面では6ページにわたり“AtoZ形式”のインタビューで質問攻めにされている。

“AtoZ形式”1問目の「A」で語ったのは、お笑い芸人のAudrey=オードリーについて。オードリーの2人は、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』でMCを務めており「若林さんの生き方や考え方を尊敬してます」「春日さんはすべてにおいて全力、本気なところがすごい!」と、2人への憧れを語った。

また、他の質問では、同じくお笑い芸人のあばれる君についても「本当に尊敬してます」とコメント。オードリーとあばれる君の知られざる一面をのぞいた、ロケ中の裏話も明かした。

アイドルとしての活動については「ライブで歌って踊るのが楽しいからアイドルって天職かなと思ってます」と頼もしい一言を。また、今年5月にリリースされた日向坂46の5thシングル『君しか勝たん』で初のセンターを務めた心境に触れた質問では「ファンの方には元気なところだけを見せたいな」と答えている。

他にも、メンバーや家族への気持ち、大好きなディスニーやヒーロー映画について、最近買ったぬいぐるみのことなど、“素”をさらけ出して全力回答した6ページとなっている。

【写真】日向坂46・加藤史帆の可愛さあふれる『CanCam』ショット

【合わせて読む】5日に渡るフリオチ? 「見たことない景色」を見せた『日向坂で会いましょう』あだ名争奪バトルのカオス