地震・台風・大雨などの災害から身を守るための備えとは?

自然災害のなかでも、発生の予測が難しいのが地震です。大きな地震の発生前には小規模な地震が頻発するといわれていますが、それでもいつ頃にどの地域でという予測はむずかしいのが実情です。また毎年、夏から秋にかけて猛威をふるう台風も脅威でしょう。台風は気象庁の進路予想などから、いつくらいにどの地域が影響を受けるということが予測できます。ただ、予測ができれば被害が小さくなるというわけでもありません。地震や台風などの自然災害は大きな脅威であり、身構えるだけで対処ができるようなことではありません。自然災害が発生したときには何より生命を守ることが大切であるとともに、生活を支える企業の経済活動を守るための対策を考える必要があります。そこで、地震や台風、大雨などの災害が発生する前に準備しておくべきことについて考えてみましょう。

地震から身を守るためには