科捜研の乱原流奈(倉科カナ)、熱血刑事・安堂源次(安田顕)、天才遺伝子科学者・神保仁(田中圭)

田中圭が主演を務める金曜8時のドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第2話が10月22日に放送される。田中は、32億個の遺伝子配列を記憶する天才遺伝子科学者・神保仁役を演じる。

本作は、作・夏緑、画・菊田洋之による人気コミック「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を実写化したヒューマンミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖の神保が、熱血刑事・安堂源次(安田顕)や科捜研の乱原流奈(倉科カナ)と共に、遺伝子捜査の裏にある人間模様に迫る。

第1話の放送後、神保が醸し出す物腰柔らかな教授の雰囲気について、「おっとりした喋り方がツボ」「白衣姿にノックアウト!」「癒される」とSNS上で話題に。また、神保&安堂のコンビに「2人の雰囲気がすごく好き」「心地良いバディ」といった声が見られた。

<第2話あらすじ>

シングルファーザーの安堂源次(安田)は、娘の瑞希(古川凛)から「DNA婚活パーティ」を勧められ、嫌々ながらも乱原流奈(倉科)と参加することに。会場にはなぜか神保仁(田中)の姿が。恋愛遺伝子の研究のために特別に見学させてもらっているという。

パーティではDNA分析がきっかけで結婚した相性98%の遠山友蔵(笹野高史)・鮎子(中越典子)夫妻がゲストとして登場。

仲の良さを見せつけるが、数時間後、鮎子は何者かに殺害されてしまう……。