【第一工業製薬】坂本隆司会長兼社長「規模を追うのではなく、独自性を追求する『ユニ・トップ』企業を」

全てのステークホルダーが幸せになるために

 ―― 今後、第一工業製薬をどのように舵取りしていくか。その考え方を聞かせてもらえませんか。

 坂本 当社は2025年3月期を最終年度とする、5カ年の中期経営計画『FELIZ(フェリス) 115』を策定しました。

 FELIZというのは、「幸福」という意味を表すスペイン語でして、F(FUTURE=未来)、E(ENVIRONMENT=環境)、L(LIFE=生命)、I(INNOVATION=革新)、Z(Z・FLAG=挑戦)の頭文字をとったものです。

「未来」であるとか、「環境」、「生命」、「革新」というのは分かりやすいと思うんですが、最後の「挑戦」のZが難しくて、1905年(明治38年)の日露戦争の日本海海戦のZ旗の掲揚、「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ(この戦いに敗れれば後がない、だから一層奮起して頑張ろう)」と。

 そういうことで、全てのステークホルダーに幸福を与える企業でありたいという意味を込めてFELIZにしました。

 ―― 115というのは何ですか。

 坂本 115というのは、最終年度である2025年3月期が創業115周年ということです。

 わたしはアニメの『ムーミン』が好きで、ムーミンワールドはフィンランドなんですね。フィンランドというのは、世界でもっとも幸せな国でして、国連が発表する「世界幸福度報告書」の世界幸福度ランキングでも3年連続で1位になりました。

 人口が多いわけではないけれど、携帯電話メーカーのノキアがあったりして、先端技術を持っている。先ほど、花王さんの話をしましたけど、やはり、当社の特徴というのは、規模は小さいが、技術を持った会社であるということです。

 何をもって最も幸せな国というのか分かりませんが、例えば、ブータンも最も幸せな国と言われたりしますね。それでも、なぜ、わたしがムーミンのことを好きかと言ったら、作者であるトーベ・ヤンソンさんと誕生月が同じだからです(笑)。

 ―― そういうことでFELIZだと。

 坂本 ええ。やはり、当社の従業員やお客様、お取引先など、全てのステークホルダーが幸せにならないといけない。そのためにはどうすればいいかと考えて、FELIZという呼称にしました。

企業と株主、そして社外役員と従業員のあるべき関係とは? 牛島信・牛島総合法律事務所代表弁護士

 ーー 特徴ある会社作りを目指しているのですね。

 実は、現在の化学業界は160社くらいの会社があるんですが、その中でも、あの会社はいいよねとか、変わっているね、面白いねと言っていただけるような会社になりたいと思っているのです。

 ―― ”らしさ”の追求というのは大事なことですね。坂本さんは今、従業員に対してはどんな言葉を投げていますか。

 坂本 わたしが最近言っているのは『ユニ・トップ』になろうと。何も変わり者の集団になれと言うことではないんですが(笑)、今さら規模を追っても仕方ない、要は、ユニークさ、独自性でもって評価される企業になろうということです。

 ―― これはいいですね。他にはないユニークさをもって、特徴を出していこうと。

 

 坂本 この言葉自体は、わたしが会長になってからずっと言っている言葉でしてね。こうしたユニ・トップにふさわしい会社になるということが第3の創業を追求することになります。

 そういうことで、当社は時代によってビジネスモデルを変えながら110年以上生き永らえてきました。会社の規模は小粒かもしれませんが、わたしは世の中に必要な技術やサービスがあれば、しぶとく生き残ることができると信じています。

なぜソニーがEV開発なのか? モビリティ時代の”らしさ”づくり