ロッテ・美馬

◆ 球種やフォームで緩急つけて打者を翻弄

 ロッテの美馬学が18日の西武戦に先発し、7回1失点という内容でチームの勝利に貢献。自身にとっても約1カ月半ぶりの白星となった。

 美馬は先制点をもらった直後の1回裏、二死二塁から4番・中村剛也に適時打を許して同点に追いつかれてしまう。さらに2回裏には、この回の先頭打者・川越誠司に右翼線に二塁打を打たれて無死二塁のピンチ。ここで西武の岸潤一郎が犠打を狙ったが、小フライとなり、これを捕手・加藤匠馬が好捕し、飛び出していた二塁走者・川越を封殺して併殺が完成。このピンチを切り抜けると、美馬は尻上がりに調子を上げていった。

 2回のピンチを切り抜けてからは、6回まで一人の走者も許さないピッチングを披露。すると打線は7回二死から中村奨吾の二塁打とマーティンの四球で一、二塁とし、4番・レアードが詰まりながらもレフト前に運んで勝ち越しに成功。その裏をしっかりと抑えた美馬が、7回96球、無四球、被安打4、9奪三振という内容で今季6勝目を手にした。

 このピッチングに、18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた笘篠賢治さんは、「膠着状態が続く苦しい環境の中でしっかりとしたピッチングを見せせてくれた」とコメント。特に、笘篠さんがこの試合のポイントに挙げた、4回と7回の3番・森友哉、4番・中村剛也、5番・山川穂高と続く中軸との対戦で見せた投球内容に言及し、賛辞を送った。

 笘篠さんは「抑えるだけでなく、球種に加えてクイックなどでタイミングを変えながら、主軸に対してコントロールもきっちり整えて、工夫を凝らしながら強力なクリーンナップをしっかりと抑えた」と述べ、「足をゆったり上げてチェンジアップ、クイックでチェンジアップなど、バリエーションをつけながら料理していく、非常に美馬らしいピッチングを見せてくれた」と、その投球術を高く評価した。

 また、「このところ先発の中では二木や岩下が少し落ちているので、ここから優勝争い、CSに向けて美馬が上がってくると勢いに乗ることができる」と主張。らしさを取り戻した右腕の復調に期待を寄せていた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

【動画】これぞ美馬?! 7回9Kの好投