PUFFY大貫亜美「UNICORN先輩と一緒にいることが自然過ぎる」新作でUNICORNと初レコーディング!
TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中のコンテンツ「Monthly Artist File -THE VOICE-」。1ヵ月ごとに担当アーティストが替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードを語ります。9月は女性ボーカルデュオ・PUFFYが担当。9月19日(日)の放送・配信では、UNICORNのABEDONさんがPUFFYとの新曲レコーディングについて振り返りました。

「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)ABEDONさん、吉村由美、大貫亜美

◆事務所の先輩・後輩という間柄

PUFFYが担当する「Monthly Artist File -THE VOICE-」は今回が最終回。特別ゲストとして、UNICORNのバンドリーダー・ABEDONさんがリモート出演しました。

大貫:「ABEDONさんとはいつぐらいからのお付き合いですか?」ってよく聞かれますよね。デビュー当時からお世話になっています。

ABEDON:事務所が一緒だしね。僕たちは今ツアーをまわっているんですけど、その前に取材を受けるじゃないですか。「PUFFYとの関係は?」って何回も聞かれたからね(笑)。

大貫:私たち、UNICORN先輩と一緒にいることが自然過ぎるんですよね(笑)。

ABEDON:言えることも言えないこともたくさんあるからねえ。

大貫:含みを持たせるのはやめてください。悪い癖ですよ(笑)。

ABEDON:(笑)。

◆UNICORNのレコーディング現場ではダジャレが飛び交う!?

UNICORNは、PUFFYと楽曲「エッサフォッサ」を共作。PUFFYの最新アルバム『THE PUFFY』のリード曲となりました。

ABEDON:一緒に制作するのって久々じゃない?

大貫:そもそもで、UNICORNのみなさんとのレコーディングが初めてだったじゃないですか。

ABEDON:そっか。そうだな。

大貫:みんなダジャレみたいなギャグを飛ばし合っていましたよね。毎回あんな感じなんですか(笑)?

ABEDON:ダジャレは定番だね。ダジャレってね、浮遊させちゃだめっていうルールがあって(笑)。返してなんぼみたいな。

吉村:乗っかってなんぼみたいな感じですね(笑)。

大貫:本当に楽しいレコーディングでしたね。

◆フランスで生まれた電子楽器を日本で再現

3人は「エッサフォッサ」のレコーディングで使用された、楽器に関するエピソードを語りました。

大貫:「エッサフォッサ」のイントロで、激しく駆使した楽器があるじゃないですか。新しく届いた鍵盤。あれの名前を聞いていなかったんですよ。

ABEDON:はいはい。あれはね、たしか「Ondomo」っていう名前だったと思う。

大貫:だと思う?

ABEDON:昔、オンド・マルトノっていう楽器があって。それを元にして復刻した感じ。

大貫:へええ!

ABEDON:しかも、日本人が作っているんだよね。

大貫:説明書は英語でしたよね?

ABEDON:世界に向けて作っているから。

吉村:あの楽器は初めて見ました。

ABEDON:今のライブでもね、一番前に置いているよ。

吉村:ツアーでも活躍されている楽器だったら、みんなも見る機会があるかもしれないですね。

大貫:ツアーに行った方のお楽しみということで。

*   *   *

番組では他にも、3人が「2組のアーティストが手掛けたコラボ楽曲」のおすすめを紹介し合いました。詳細は、音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でチェックしてください!

<番組概要>

番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-

放送日時:毎週日曜日 13:00~13:55

配信日時:毎週日曜日

パーソナリティ:PUFFY(9月担当・月替わりで変更)

※番組は9月19日(日)で終了