丸山栞(中村ゆりか)

西野七瀬が主演を務めるテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』(毎週土曜23:00~)が、10月16日に放送。第2話「記憶にありません」には、マギーがゲスト出演する。

とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、「言霊」という“人ならざる者”に住人女性たちが次々と苛まれていくという、これまでにない類の恐怖が襲うスリリングな地上波初の美しい禁断のホラードラマ。

前回放送された第1話では、猪塚健太がゲスト出演。ネット上では、本ドラマのために作られたという歌手・桐嶋漣(猪塚)の歌や、猪塚自身の歌声に「この歌番組、配信してほしい」「音源売ってほしい」「声が綺麗で優しい上に、歌もめちゃくちゃ上手」「目のインパクト強くて、倒れたときの迫力がすごい」とのコメントが寄せられた。

<第2話あらすじ>

歌川言葉=コトハ(西野)の友人で1号室の住人・阿木紗香(三吉彩花)が、アパート内で謎の死を遂げた……。そのことで、隣の2号室に住む議員秘書・丸山栞(中村ゆりか)に疑いの目を向けたコトハは、栞が外出するのを見届けると、中目零至=レイシ(永山絢斗)を巻き込んで栞の部屋に入り込み、栞のパソコンから思いがけないメールを発見する。

一方、ジャーナリスト・島谷進次郎(マギー)から、贈収賄の疑いをかけられ執拗に追われていた栞は、「記憶にありません」と政治家の秘書らしく言い逃れるが、やがてその言葉が自分に降りかかり、発した言葉の通り、紗香の一件や、コトハの存在までも記憶からなくなってしまう。そして悲劇の連鎖は止まらず……記憶をなくした栞に、さらなる恐ろしい事態が襲いかかる――!!