ロッテが劇的勝利でマジックを減らす (C) Kyodo News

◆ 「マンガみたい」劇的な結末

 順位的にはリーグ2位ながら優勝マジックを灯したロッテは、15日のソフトバンク戦で3-1のサヨナラ勝ち。

 1-1で迎えた9回裏二死一塁、岡大海が値千金のサヨナラ2ランを左中間スタンドへ叩き込んだ。

 先発した岩下大輝は被安打3を上回る4つの四球を与えながら、5回を1失点の粘投を見せると、打線は1点を失った直後の5回裏、女房役の加藤匠馬がレフトスタンドに運ぶ今季2号のソロ。ひと振りで試合を振り出しに戻す。

 すると、6回以降は自慢のリリーフ陣が見事な投球を披露。6回は唐川侑己が四球をひとつ与えながらも危なげなく無失点で役目を終えると、7回から登板した今季途中加入の国吉佑樹はわずか9球の3人斬り。8回は佐々木千隼が味方の失策に動揺することなく無失点でつなぎ、最後は守護神・益田直也が貫禄の3人斬り。ソフトバンク打線を封じ込める。

 そして迎えた9回裏、二死ながら一塁には俊足の和田康士朗を置き、打席には岡大海。カウント3ボール・1ストライクから外寄りの変化球を思い切って振り抜くと、高々と舞い上がった打球が左中間スタンドへ。今季第6号は今季2本目となる劇的サヨナラ弾。ロッテが厳しい試合を土壇場でモノにし、マジックを「8」に減らした。

 15日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した大久保博元氏も、思わず「マンガみたい…」と感嘆の声を漏らした激闘。

 解説陣は岡の一撃はもちろんのこと、勝利を手繰り寄せた「ブルペン陣の奮闘」にも賞賛の声を送る。

 大久保氏は「全員がこの展開で出てきて大丈夫か…?という厳しい状態だったと思う」と、緊迫した場面に加えて蓄積した疲労にも不安の色をのぞかせながら、「完璧でしたね」とそれぞれのピッチングを絶賛。

 「唐川は142~143キロの速球でもバッターを差し込んだり、空振りを取る。国吉もDeNAの時とは別人のようなピッチングですよね。佐々木も味方がエラーした時にどうかなと思ったけど、なんてことはない、ピシャっと抑えてくれた。益田も同点の9回に行くというのはやりづらいと思うんだけど、この年になっても成長しているんだなと感じるような投球をしていた」と、終盤を締めた4人の働きを讃えた。

 また、同じく番組に出演した解説者の平松政次氏は、DeNAから移籍して勝利の方程式の一角に君臨する国吉佑樹に注目。

 「調子が良いね。今日なんか危なっかしいところがないもの。すごく安定してきた」と、その変貌ぶりに驚きつつ、「メンタルの変化でしょうね。国吉がこれだけ頑張っていれば、勝ちゲームにつながっていくよね」と語り、新天地で日に日に存在感を増している30歳右腕の活躍ぶりに言及した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

【動画】「オカヒロミナイト」、再び…!