米航空会社のパイロットがワクチン義務化に反対、「接種か退職か」強要されたと主張

バイデン政権がすべての国家公務員にワクチンの接種を義務付ける方針を発表した後、アメリカの航空会社の大半(実質的に政府の下請け企業)はそれに倣う形で、勤務にはワクチンの接種が必要とする旨を決定した。

【画像を見る】反マスク・コロナ陰謀論者の世界的ギタリスト

その結果、自身とその家族を守るためという名目でワクチンの接種を強要されたことに対する不満をソーシャルメディア上で吐き出す人々が現れた。しかし現在のところ、反ワクチン派の活動家たちによる働きかけの甲斐もなく、航空会社の従業員たちが大挙して退職するという動きは見られていない。

だが今なお、一部の人々はネット上で不満を吐露している。その1人であるパイロットのショーン・アンドリュー・ウォーカーは、先週公開したワクチン接種の義務化に対する不快感をぶちまけた滑稽な動画がきっかけとなり、保守派のメディアからもてはやされる存在となった。

「家族を養っていくための手段か、それとも選択の自由か。私はそのどちらかを選ぶよう強いられた」。南北戦争の再現映像をバックにアメリカの本質について語り始める前に、ウォーカーはそう述べている。彼はいわゆる「シフティング・ベースライン症候群」が、アメリカの根底にある自由という概念を破壊しかねないと述べ、脳の活動に関する疑似科学的な図を用いて自身の見解の正当性を主張している。映像の最後でウォーカーは、ワクチン接種の義務化に反対するパイロットたちのグループ、U.S. Freedom FlyersのWEBサイトを訪れるよう呼びかけている。

ウォーカーの動画は保守派の人々の間で話題となり、TikTokでは5万回再生を突破した。同ムービーは極右の活動家キャンディス・オーウェンズによってシェアされたほか、過去に盗用疑惑をかけられた保守系メディアの荒らし屋ベニー・ジョンソンは「こんなにも勇敢な声を聞いたのは何年ぶりだろう」とツイートした。ジョンソンとオーウェンズによるその動画についてのツイートは、2万回近くリツイートされている。

@cellsaucenutrition I never thought in my life I would have to make this video. ##fightback #freedom #airlines ♬ original sound - Sports Performance Nutrition

ウォーカーは動画でワクチンの接種か退職のどちらかを選択するよう強要されたと主張しているが、それは事実ではない可能性がある。ウォーカーのLinkedInアカウントによると、彼はAmerican Eagle(現Envoy Air)で17年以上勤務し、現在はシカゴに住んでいるとされている(彼のTwitterアカウントではテキサス州パラダイス在住となっている)。一方で、ワクチン接種義務化への不満をぶちまけた彼のTikTokページでは、モトクロスでの事故から回復した後に彼がローンチした、パフォーマンス向上サプリを扱うブランドCell Sauceが所属先となっている。「当社のサプリメントは科学に裏付けられており、医師たちから推奨され、プロの人々によって効果が立証されています」。同ブランドのWEBサイトにはそう記載されており、ウォーカーが「医薬品を好まない」という但し書きまで見られる。

勤務先のアメリカン航空はノーコメント

Cell SauceのTikTokページで公開されているムービーの大半はモトクロス関連か、ウォーカーによる栄養についてのアドバイス動画だ。彼はパイロットという立場を生かして商品を宣伝しており、7月に公開されている動画ではアメリカン航空のラニヤードを身につけた彼が、飛行機のコクピット内でプロバイオティクスの必要性について語っている。

本誌がアメリカン航空にコメントを求めたところ、同社のCEOが従業員に宛てたワクチン接種を義務付ける旨を記載した10月1日付のレターへのリンクが送られてきた。CEOのダグ・パーカーは同社が詳細について協議を進めているとした上で、そのレターで次のように述べている。「ワクチンの接種を拒否する者は、今後アメリカン航空で勤務することができないことは間違いありません」。同社はウォーカーについてコメントすることを拒否し、彼が現在も同社でパイロットとして勤務しているかどうかについても明らかにしなかった。

ウォーカーはCell Sauce以外のビジネスも運営しているようだ。Facebook、LinkedIn、そしてTwitterのアカウントで、彼はスキルを著作権で保護するCopySkillzという事業を宣伝している。またLinkedInのアカウントでは、彼はRisingMarketers.comのCEOとしてクレジットされている。しかしそのWEBサイトは機能しておらず、CopySkillzの各リンクも無効となっている。いずれにせよ、ウォーカーが成功報酬型広告とその他の胡散臭いオンラインビジネスにどっぷり浸かっていることは確かだ。2014年、彼はFacebookでVimeoから動画の投稿をブロックされたことを明かしており、Vimeo側はその理由について「マルチ商法、成功報酬型広告、短期間で裕福になるためのスキーム、マネーコーチング、金銭のやり取り、内職、およびその他のベンチャーに関する動画を投稿したため」としているという(現在の雇用状況およびその他の事業に関する本誌からの質問に対し、入稿日の時点でウォーカーからの回答はなかった)。

ウォーカーの動画が急速に拡散されたのは、ワクチン接種の義務化に反対するパイロットたちが一斉に退職するという話を、反ワクチン派の人々が広めようとしている時だった。例えば10日の夜、サウスウエスト航空が「運営上の深刻な事態」を理由に全体の4分の1以上のフライトをキャンセルすると発表した際に、保守派の人々の間ではワクチン接種義務化に反対するパイロットたちによる病欠ストライキ、あるいは有給病欠という名目での自宅待機がその理由だという噂が広まった。

パイロットたちが病欠ストライキを画策したという証拠はない

ワクチン接種の義務化に反対する目的で、パイロットたちが病欠ストライキを画策したという証拠はない。FAAはフライトのキャンセル理由についてコメントし、悪天候およびコロナウイルスによるジャクソンビルのコントロールセンターでの人員不足が原因であると説明した。サウスウエスト航空のパイロット組合も噂を否定し、次のようなステートメントを発表している。「最近決定されたワクチン接種の義務化の方針やその他に起因し、事業の運営妨害や病欠ストライキが行われたという事実はありません。RLAに基づき、我々の組合はこういった状況下で、個人の目的を達成するためにストライキ等の行動を起こすことを禁止されています。SWAPAはこれまでも、そしてこれからもそういった行動を容認しません」

9月には米軍の空軍パイロット27名が、ワクチン接種の義務化に抗議する目的で基地を後にしたという噂が流れたが、これはデマであることが立証された。その噂が広まった原因は、極右の活動家たちがTwitterで拡散し、最終的に110万回以上再生された動画だった。

ウォーカーの動画を拡散し、ワクチン接種の義務化への抗議を目的とした病欠ストライキによってフライトがキャンセルされたというフェイクニュースを広める保守派の活動家たちにとって、証拠の有無は重要ではないに違いない。

【関連記事】「反ワクチン派は気が触れている」クイーンのブライアン・メイがクラプトンを批判

from Rolling Stone US