ヤフー、「Yahoo!広告」で「LINE NEWS」にも配信可能に 月間約7700万ユーザーに訴求可能

ヤフー、「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)」(以下:YDA(運用型))において、LINEが提供する運用型広告プラットフォーム「LINE広告」の「LINE NEWS」面に配信する取り組みを開始した。グループ間での連携を強化し、広告主のマーケティング活動をサポートする。

「YDA(運用型)」が「LINE NEWS」面への配信を開始したことで、「YDA(運用型)」を利用する広告主は、「LINE広告」の「LINE NEWS」面にも広告を配信可能となり、月間アクティブユーザー約7700万人以上を誇る「LINE NEWS」のユーザーに対して、製品やサービス、キャンペーンなどを訴求できる。

Yahoo! JAPANの親会社であるZホールディングスは、2021年3月にLINEと経営統合を完了し、国内最大規模のインターネットサービス企業グループとなった。今回の取り組みは、ディスプレイ広告事業において、Yahoo! JAPANとLINEとの初めての連携となる。今後は「LINE広告」もYahoo! JAPAN内の広告枠の一部へ配信を予定している。

「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」をミッションに掲げるYahoo! JAPANは、広告事業においても、ユーザーの安全安心および徹底したデータガバナンスを前提に、LINEなどグループ間での連携を強化し、広告主のマーケティング活動をサポートするサービスを展開していくとしている。