「猫が望めば」1巻

千星夜人「猫が望めば」の1巻が、本日10月14日に発売された。

雪のちらつくある寒い夜、サラリーマン・室井景斗は小さな子猫と出会う。自身から離れない子猫を見かねた景斗は、家に連れ帰り、一緒に暮らし始めることに。ココアと名づけられたその子猫は、人間と同じ物を食べ、人語を理解する変わった子猫だった。そんなある日、景斗が体調を崩して寝込んでしまい、ココアは彼を助けるために人間になりたいと強く願う。ココアの思いが奇跡を起こし、なんと彼はネコ耳の生えた少年となり……。「猫が望めば」は大好きな飼い主のためにがんばるココアと、オカン系男子・景斗の生活を描く日常ファンタジー。コミックブリーゼで連載されている。