cinemas PLUS


■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

もう見出し通りの映画です。

まさにリドリー・スコット監督版『羅生門』!

もっともこの作品、犯された妻、犯した友人、犯された妻の夫、単にそれぞれの証言が食い違うといった次元のものではなく、あくまでもそれぞれの目線で事件を捉えていくもので、そうなると誰が嘘をついている?といったミステリ要素もさながら、全く同じシチュエーションでも3人の目線によって微妙にニュアンスが異なってくることなどの面白味が湧き上がっていくのです!



夫の目線、友人の目線、そして妻の目線と、この3人の目線によってそれぞれのキャラクターも徐々に明確になっていき、同時に14世紀末フランスの因習がもたらすさまざまな悪癖も露になっていきます。

この悪癖であったり、当時の女性の位置づけなども現代社会と照らし合わせて見据えていくと、これが非常に「今」の映画として作られていることも容易に理解できるでしょう。



あくまでもミステリアスな情緒を大事にしている作品なので、内容的にこれ以上言及するのも野暮ですが、マット・デイモン、アダム・ドライバーの上手さはいつもながらとして、今回は妻に扮したジョディ・カマーが徐々に存在感を際立たせていくあたりも舌を巻きました。



一方で、この邦題の“決闘”にピンときた方の多くはリドリー・スコット監督の大ファンでしょう。

彼のデビュー作は『デュエリスト/決闘者』(77:原題“THE DUELLISTS”)。

ふたりの男(キース・キャラダイン&ハーヴェイ・カイテル)が延々と、幾度も決闘し続けていくという、実に粘っこく、しつこく、そして格調高い闘いのドラマであり、このセンスこそが続く『エイリアン』(79)『ブレードランナー』(82)など後々のリドリー・スコット監督作品の基調になっている感があります。

そして本作の原題が“THE LAST DUEL”となっていることから、もしかしたらリドリー・スコットはこれを最後の作品にしようとしているのでは? と一瞬不安をよぎらせてしまったのですが、既にレディー・ガガ主演で次作『ハウス・オブ・グッチ』(21)も公開間近(米:2021年11月24日 / 日:2022年1月14日)を完成させている事実を知るに、現在83歳(誕生日の11月30日で84歳を迎えます)、リドリー・スコットのあくなき創作姿勢に感服してしまった次第なのでした。

(この人、まだまだ映画作り続けるな……!)

(文:増當竜也)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register

『最後の決闘裁判』作品情報

【あらすじ】
中世フランスの騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き……。勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか? 

【予告編】


【基本情報】
出演:ジョディ・カマー/マット・デイモン/アダム・ドライバー/ベン・アフレック

原作:エリック・ジェイガ―

監督:リドリー・スコット

脚本:ニコール・ホロフセナー/マット・デイモン/ベン・アフレック

映倫:PG12