グラビアアイドルの星川沙羅が9日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『蜜月』(発売中 4,180円税込 発売元:スパイスビジュアル)の発売記念イベントを行った。

DVD『蜜月』の発売記念イベントを行ったグラビアアイドルの星川沙羅

DVD『蜜月』の発売記念イベントを行ったグラビアアイドルの星川沙羅

2020年5月にリリースした1stDVD『ときめきデビュー』でグラビアデビューを飾った星川沙羅。上からB88・W60・H88という圧倒的なスタイルにFカップのバスト、そして愛くるしいフェイスで人気を拡大させている。ソロとしては昨年末に発表した3rdDVD『ひとりじめ』以来、久々のリリースとなる本作。様々なセクシーシチュエーションに挑戦するなど、これまでにない過激な作品になっている。

「勝負下着が赤なので赤い水着で来ました(笑)」とセクシーなビキニ姿で報道陣の取材に応じた星川は「今回はストーリーがなく、色んなシチュエーションに挑戦しました。看護師さんになってナース姿で誘惑するシーンや初めてのキャバ嬢のシーンもあります。衣装から水着に展開してTバックの水着を見せています」と具体的なシーンを紹介。「表紙にもなっているデザインニップレスも初めて挑戦しました。(バストが)完全に出てますよね(笑)。出ていると思いましたが、最近胸の形が武器だと気づいたので、よく見えて良かったです」と撮影を振り返った。セクシーなシーンは「Sっ気の黒ボンテージを着た最後の夜ベッドはエロかったです。アイス舐めもしましたが、今まで可愛くやっていたのが攻撃的に舐めています」とアピールした。

デビュー以来、地元の仙台に在住しながら仕事の度に上京している星川。仙台ではスポーツジムの事務員として忙しい日々を送っているせいか、次回作のプランとして「事務員になって社員を誘惑したいですね(笑)。プライベートでやったことがないからやってみたいです」と願望も。仙台の生活については「心地良いですね。最近でいうと、新型コロナの感染者もゼロという日もあり、ワクチンのお陰かなと思います。ウチのジムも最近は新規の方が増えてきました。街にも活気が戻ってきましたね」と戻りつつあるコロナ禍以前の生活に笑顔を見せ、気になる上京は「まだ考えておりません。未定です(笑)」と話すにとどめていた。