©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.


■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

ジョージ・A・ロメロ監督といえば、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(68)『ゾンビ』(78)『死霊のえじき』(85)などのゾンビ映画で一世を風靡するとともに、今に至るブームを築き上げた第一人者としてもリスペクトされ続けているキング・オブ・ホラーの名匠です。

そして今回、彼の伝説的な旧作3作品『アミューズメント・パ-ク』(73)『ザ・クレイジーズ』(73)『マーティン/呪われた吸血少年』(77)の3作品が劇場公開されることになりました!

特に『アミューズメント・パーク』は長らくフィルムが行方不明となっていたものが2017年に発見され、4Kレストアによって蘇ったもので、文字通りの本邦初公開。

これぞロメロ・ファン、ホラー・ファンならずとも必見の異色作なのでした!

遊園地で老人が大変な目に遭う映画
『アミューズメント・パーク』

まずは『アミューズメント・パーク』ですが、本作の公式サイトのあらすじ欄を見て、思わず吹き出してしまったのですが、なぜかというと……

「遊園地で老人が罵られ、大変な目に遭う。」

たったこれだけなのです。

そして、たったこれだけのことを見事に描いてしまったがために、封印されてしまった映画でもあるのです。



もともと『アミューズメント・パーク』は年齢差別や高齢者虐待についての世間の認識を高めるべく、ルーテル協会がロメロに演出を依頼した、いわゆる教育映画のはずでした。

そしてロメロはクライアントの言う通り、遊園地の中でひとりの老紳士(リンカーン・マーゼル)が無視され、罵られ、突き飛ばされ、存在すら否定され……と虐待されていくさまを53分の中編として徹底的に描出していきました。

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.

結果、それはもはや教会が求めるご立派な教育映画の域など優に飛び越えたジョージ・A・ロメロ監督ならではの作家性に満ち溢れたダーク・ファンタジーとしての不条理劇として屹立してしまい、恐れをなした教会はフィルムを封印してしまったのです。

今の目で見据えると十分すぎるほどにロメロ監督ならではの社会批判や文明批判がうかがえる作品ではありますが、この時期まだ『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を発表してはいたものの(しかし、このおぞましきゾンビ映画の元祖を撮っていたロメロに教育映画を依頼するルーテル教会のセンスも、ある意味おかしい?)、まだまだ知名度は薄かったロメロとしてはかなりの忸怩たるものもあったことでしょう。

老人を虐待する遊園地の客たちが次第にゾンビに見えてくるようなおぞましさ、そしてゾンビこそは人間のおぞましさを委ねたメタファーでもあったわけで、そうこう考えていくとまさに『ナイト・オブ~』や本作の流れを経て『ゾンビ』に行き着くことが容易にお分かりいただけるのではないかと思われます。

そして『アミューズメント・パーク』から『ゾンビ』へ至る過程の中で見過ごせない2作品『ザ・クレイジーズ』と『マーティン』も同時に公開されるのでした!


ロメロ映画の原点が見える『ザ・クレイジーズ』と『マーティン』

まず『ザ・クレイジーズ』(73)は、アメリカ軍用機の墜落によって人々を発狂化させる細菌兵器が田舎町に漏れ広まったことから始まるパニック映画です。



発狂した人々が襲いかかる地獄絵図はまさに『ゾンビ』に先駆けたものであり、また白い防護服を着た男たちが権力の悪しき象徴としても映えわたっていた異色作。



日本では細菌パニック映画『カサンドラ・クロス』(76)が大ヒットしていたのを受けて、1979年2月16日のフジテレビ系列「ゴールデン洋画劇場」(当時は金曜日の放送でしたね)の枠で「第2のカサンドラクロス事件!?細菌兵器に襲われた街」のタイトルでTV放映されて(実際は本作のほうが『カサンドラ・クロス』より早かったのですが)映画ファンの間で大きな話題となりました。

またその直後の1979年3月10日に『ゾンビ』が日本公開されてヒットしたことから、やがて本作は『ゾンビ』のジョージ・A・ロメロ監督の旧作であると認知されるようになり、1980年代の未公開ビデオ・ブームに乗せて『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』としてソフト化され、ホラー・マニアの必須アイテムと化していきます。

2010年には『クレイジーズ』の邦題でリメイク版が日本公開され、それに先駆けて2010年1月16日から2月12日まで本作もようやく劇場公開されました。



一方、『マーティン/呪われた吸血少年』(77)は日本では1980年代にビデオ発売され、以後は特別上映などの機会もありましたが正式な劇場公開はこれまで成されてなかったので、今回は貴重な体験となります。

主人公は、人間の血を求めることでいつまでも若くいられる、自称84歳の少年マーティン(ジョン・アンプラス)。

これに彼が人を襲わないよう監視するいとこの老人(『アミューズメント・パーク』のリンカーン・マーゼル)やその娘クリスティーナ(クリスティーン・フォレスト)、マーティンが心寄せる年上の夫人などさまざまな人々が入り乱れながら、マーティンの非情な青春にスポットを当てていきます。



そう、この作品、見方によっては青春映画と捉えることが大いに可能で、実際本当に彼は吸血鬼なのか?それは彼の妄想なのではないか?などと見る側にいろいろな感想を抱かせる作りにもなっているのです。

ロメロ監督自身、「もっとも愛着のある作品」と語っているのは、そういった青春映画的な要素にも大きな一因がある気がしてなりません。

またこの作品に関わったスタッフ&キャストの多くは次作『ゾンビ』以降のロメロ作品に関わり続けていることからも、どこかしら記念碑的な趣も備えているのです。

ホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロの世界をさらに深いものへと導く今回の3作品の上映、見逃すにはあまりにも押しすぎます。是非とも映画館で!

(文:増當竜也)