SNS総フォロワー数150万人超えを誇るタレントのくりえみが、写真集『くりめぐり』(玄光社 4,180円)を9月30日に発売。このたび、アザーカットとインタビューが公開された。

  • くりえみ (C)Yuji Fukusima

“SNSのフェチ天使”と呼ばれるくりえみが、写真展に何度も通うほどのファンでいつか撮影してほしいと思っていたカメラマン・福島裕二氏とタッグを組み、鳥取・京都・沖縄・北海道をめぐって撮影した写真集。アザーカットは、床に横たわった美しい曲線美が印象的なカット、羽織を脱ぎ谷間あらわなビキニ姿を披露しているショットなど4枚が公開された。

インタビューは以下の通り。

―――今回の写真集の見どころは?

176ページ・ハードカバーという愛蔵版の仕様に、4都道府県を巡って撮った写真をいっぱい詰め込んでいます! 途中途中これはほんとにお仕事なのか遊びなのか分からなくなるぐらい楽しみながら撮影できました。

―――絶対見て欲しいページは?

モノクロのページは絶対に見てほしいです。これまでSNSではアップしていなかったような私の素が写し出されていると思います。お肌のレタッチもほとんどしていないのも見どころです。あとはご飯を食べている様子やほんとにふざけている様子、そういった日頃見せないくりえみの様子も見てほしいです。

―――素の表情が多めということにちなんで、日常でのリラックス法はありますか?

美容が好きなので、美容外科に通ったり後は最近サウナに行くことが大好きです。岩盤浴も大好きなので、時間ができたら仕事の合間にもすぐ行ってリラックスしています。

―――お気に入りの衣装は?

鳥取砂丘に行った時に着た肌色の水着が、すごく背景の雰囲気に合っていて好きでした。あとは沖縄の浜辺で着たボーダーの水着もすごくフレッシュな感じで新鮮でした。

――旅がテーマの写真集ですがコロナ後に行ってみたい海外は?

もともとコロナになり始めた時にドバイとギリシャに行く予定を立てていて、前日に中止になってしまったのでコロナが終わったらまずその2ヵ国に行きたいです。あと、すごくニューヨークが好きなので、1ヵ月ぐらいニューヨークに行けるタイミングがあったら行きたいと思います。