伝統を学び、フォトジェニック☆親子で作る「おせち・寅・しめ縄づくりキット」

1716年創業の奈良の老舗「中川政七商店」より、親子に向けたお正月の風習が体験できるキットとして、「親子で楽しむ お重とおせち」が、2021年9月22日(水)より同社オンラインショップにて予約販売された。また、「季節のしつらい便 お正月 寅」および「季節のしつらい便 お正月 しめかざり」が、10月26日(火)より全国の直営店およびオンラインショップにて順次発売されることが決定した。

日本の素材・技術・風習を活かしたものづくりを続ける中川政七商店より、暮らしの中で楽しみながら季節の行事を学べるよう、親子向けの体験キットが登場する。

お正月シーズンにあわせ、お重とおせち・干支飾り・しめ縄飾りづくりが楽しめる3種を新たにラインナップ。

キットにはそれぞれの意味や由来が書かれた冊子入りで、親子一緒に日本の風習を学ぶことができる。

「親子で楽しむ お重とおせち」は、お重自体をオリジナルでつくれる新たな体験キット。

国産の白木のお重に、江戸時代から伝わる型絵の技法を使い、松竹梅や瓢箪など縁起のいい文様を描くことで、世界に一つだけのお重が完成する。もちろん子供の好きな絵柄を自由に描いて楽しむこともできる。

中につめるおせち料理は、すべて主原料が国産・無添加調理。「イシイのミートボール」でお馴染みの石井食品が手掛ける10種のおめでたい食材をお届け!

”よろこぶ” 昆布巻や、”先の見通しがいい” れんこん煮など、一つひとつに込められた意味を付属の冊子で確かめながら、楽しく盛りつけよう。

予約は2021年9月22日からスタートしており、価格は1万800円(税込)。

「季節のしつらい便 お正月 寅」は来年の干支の寅型の焼きものに絵付けができるキット。

無地の干支の瀬戸焼と敷布、木の立札が入っており、絵具を使いながら自由な彩色が楽しめます。寅にまつわる豆知識や干支飾りをしつらえる時期、絵つけの手順を解説した冊子つきだ。

2021年10月26日より順次発売がスタートし、価格は3850円。

また「季節のしつらい便 お正月 しめかざり」は、オリジナルのしめ縄飾りがつくれる、新潟県産のわらと稲穂、縄、紙垂(しで)、木札入りのキット。

輪飾り・前垂れ飾りなど3種の形から選んで製作することができる。

飾る場所や組み立ての手順を解説した冊子つき。かつて各家で手づくりしていた風習に倣い、我が家だけのしめ縄飾りで新年を迎えられる。

2021年10月26日より順次発売がスタートしており、価格は3850円。

日本の文化を学び子どもの感受性を育て、親子のコミュニケ-ションを活性化する体験として、本キットが活躍しそうだ。

そして楽しく作った後には、記念に写真を撮るのも♪

自分で作ったおせちや干支飾りはSNS映え&記念にぴったりなので、ぜひお楽しみあれ。

☆可愛い干支飾りやおせちキットをみてみる(写真12点)>>>