伊藤沙莉&江口のりこがW主演を務める実写ドラマ『モモウメ』(Huluで毎週金曜21:00~4エピソードずつ配信(全40エピソード)/日本テレビ系で毎週日曜14:00頃に厳選された1エピソードが放送(全10エピソード))。このほど、オズワルド(伊藤俊介、畠中悠)がドラマ脚本に初挑戦する。

同ドラマは、24歳新人OL・モモちゃん(伊藤)と40歳ベテランOL・ウメさん(江口) が働く中で出会うすべての出来事を、時にゆるっと、時にキレッキレなボケ・ツッコミトークで、笑いに変えていくショートストーリー。

脚本・森ハヤシに加え、 この実写ドラマ『モモウメ』で、 オズワルドの2人がドラマの脚本に初挑戦。2019年と2020年には『 M-1グランプリ』の決勝へ進出、今年開催された『第42回 ABCお笑いグランプリ』では優勝を果たし、関東芸人で初の王者に君臨したオズワルド。破竹の勢いでお笑い界を席巻している彼らが、 満を持してドラマ界にも新風を吹き込む。

2人はそれぞれ、10月1日(金)配信のエピソード以降、5エピソードずつ執筆。原作アニメの人気エピソードをもとにした脚本に加え 、なんと完全オリジナルエピソードも手掛ける。オズワルドによる完全オリジナル脚本は、伊藤作「友人代表スピーチ」では、高校の同級生の結婚式で友人代表のスピーチを頼まれてしまい、「爆笑とりてぇ」と密かな闘志を燃やすモモちゃんが、ウメさんに“ある秘策”を打ち明けることに……。

また、畠中作「先人達から未来へのプレゼント」では、「我々人類は働きすぎ」と鼻息を荒げるモモちゃんが、ウメさんに向かって“実にモモちゃんらしい持論”を展開し……!? オズワルド風味も随所に盛り込みながら、2人が新たに紡ぐ『モモウメ』ワールドとなっている。

<オズワルド コメント>

伊藤俊介:初めての脚本の女優さんが 伊藤沙莉さんと江口のりこさん でよかったです。2人の独特の掛け合いを是非! 

畠中悠:初めての脚本という事で、不安と期待を胸いっぱいにやらせていただきました!『モモウメ』の世界観、伊藤沙莉さんと江口のりこさんという最高のキャスティングの邪魔にならなければ良いなという気持ちです!