ユナイテッドアローズ、VIP顧客に個別のオンライン接客 デジタル生かし、富裕層の取り込み図る

ユナイテッドアローズは10月1日、ECサイト「ユナイテッドアローズ オンラインストア」において高い年間購入額を持つ顧客に向け、コンシェルジュによる電話やチャットなどを使ったパーソナル対応を行うプライベートサービスデスクを開設する。オンラインの利便性とパーソナライズした接客サービスの融合による次世代型小売販売を開始し、富裕層に向けた各種サービスの拡充を図る。

ユナイテッドアローズが営業統括本部に新設するプライベートサービスデスクは、同社の強みである接客サービスを介さず、オンラインストアにおいて多数購入している顧客に向け、コンシェルジュによる電話やチャットなどを使ったパーソナル対応を行う。室長には、同社のトップ販売員であるセールスマスターを長年務める藤田裕貴氏が就任し、傘下に社内より選抜した複数名のコンシェルジュを配置。顧客の嗜好やライフスタイルに応じ、自社の全ブランドのラインナップから最適な商品を紹介し、スタイリングやアフターケアなどのトータル提案を通じた顧客体験価値の向上を図るとしている。

現在、ECサイト「ユナイテッドアローズ オンラインストア」での購入のみで、高い年間購入金額を持つ顧客がいることから、プライベートサービスデスクの提供に至ったとし、オンラインの利便性と顧客ごとにパーソナライズした高度な接客サービスを融合させた新たな小売販売のスタイルを構築し、オンライン顧客の醸成、付加価値サービスによるライフタイムバリュー(顧客生涯価値)の向上を目指す。

加えてプライベートサービスデスクでは、超富裕層に向けたサービス開発も進め、同社の主軸であるファッション衣料や服飾雑貨にとどまらず、衣食住遊知の多岐にわたる最上質なライフスタイルを提案し、ライフタイムバリュー向上に取り組むとしている。