メルカリ、丸井のECサイトとデータ連携開始 「メルペイ」決済で購入した商品の簡単出品可能に

メルカリは丸井は9月24日、フリマアプリ「メルカリ」と丸井が展開するECサイト「マルイウェブチャネル」のデータ連携を開始した。「マルイウェブチャネル」への「メルペイネット決済」導入や「持ち物リスト」連携など、1次流通と2次流通のさらなる融合を目指す。

メルカリと丸井は、ECサイト「マルイウェブチャネル」への「メルペイネット決済」導入と、同ECサイト上で購入した商品の「持ち物リスト」機能への連携を開始した。「持ち物リスト」は、「メルペイネット決済」を利用して提携するECサイトで購入した商品の資産価値を可視化し、購入履歴を元に簡単に「メルカリ」に出品ができる機能。

今回の連携により、「マルイウェブチャネル」で「メルペイネット決済」を使い商品を購入、その商品が役目を終えたら「持ち物リスト」を用いて「メルカリ」へ出品、新たに商品を購入するというシームレスなサイクルを生み出すことで、利用者の利便性向上を図った。さらにオンライン上での相互送客により、両社のシナジー最大化を目指すとしている。

メルカリと丸井は、2020年2月の業務提携以来、新宿マルイ本館をはじめとする一部店舗での「メルペイ」決済導入や、「メルカリ」を”体験しながら学べる”リアル店舗「メルカリステーション」を全国11店舗にオープンするなどの連携施策を実施してきた。こうした連携によって生まれたシナジーをさらに進め、マルイ・モディでの「メルカリステーション」の多店舗展開によって活性化した「一時流通と二次流通の融合」という、オンライン・オフラインの垣根を越えた顧客体験をさらに向上させるべく、今回の連携を決定したとしている。