和田理生(高杉真宙)、智子(小野花梨)

高杉真宙主演ドラマ『ホメられたい僕の妄想ごはん』(テレビ大阪、毎週土曜24:56~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜24:00~)の最終話が、9月25日に放送される。

同ドラマは、ゲスの極み乙女。の休日課長による「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」(マガジンハウス刊)が原案。高杉演じる、 平日はサラリーマン、 週末はバンドマンでベーシストとして奮闘する和田理生(わだ・まさお)の日常を描いていく。理生は、生真面目でこだわりが強く、人間関係が不器用ゆえ女性にモテないという役どころ。やさぐれ気味の理生はいつも思う“誰かにホメられたい”と……。

第11話では、堀田茜がデリヘル嬢ましろ役で出演し、理生の家へやってくる。ましろから「好きって事に素直になりなよ」と言われた理生は……。

<最終話あらすじ>

“海外から幼馴染が駆けつける妄想……”と心の中でつぶやく理生。2人でしじみカレーを食べていると、智子から「自分はホメられたいくせに、全然人をホメないよね」と言われてしまう。理生は「そんな事ないよ」と彼女のことをホメはじめ、思い切って智子への思いを打ち明ける。すると、思わぬ返答が……。

そして、迎えたコンテストの本選当日。これまで関わってきた人たちの応援を背に、理生たちはステージに上がる。