斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の最終話(第9話)が、9月24日に放送。また、毎回SNSで“ヘミポーズ”の投稿をしていたシソンヌ・じろうがゲスト出演することがわかった。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

秋元康が本作の企画・原作を担当し、白石麻衣、野間口徹、戸塚純貴、橋本じゅん、岩谷健司、リリー・フランキー、生瀬勝久らが出演する。

いまだ解決を見ない女児連続殺人事件を執念で捜査する刑事・柴田俊哉(生瀬)が刺されて重体、さらに日本に潜伏し、大規模テロを企てている某国の工作員の存在が浮上するなど、まだまだ先が読めないまま迎える最終話――。

総理大臣臨時代理・藤沼恵美子(峯村リエ)は、先々を予知するだけでなく、“未来を変える力”をもっていることがわかったヘミングウェイ(斎藤)に、NPO法人「しあわせの鐘の家」代表・ローゼン岸本(野間口)を通じて、滅亡の危機に瀕した日本の未来を託そうとする。“もう一つの未来”を求めて絵を描き続けるヘミングウェイだが、平和な日本の未来が見えない。苦しみ続ける彼を見た新聞記者・新谷詠美(白石)は……?

そんな中、ヘミングウェイが“預言者”に正式就任する日がやってくる。その“最初の鐘を鳴らす日”に、彼が選ぶ未来とは? そして、ヘミングウェイは日本を救うことができるのか!?

また、最終話にはシソンヌ・じろうの出演が決定。撮影現場では、SNSに“ヘミポーズ”をアップしていたじろうの投稿を見て、毎回大盛り上がり! 斎藤もSNSに「出てほしいな……」と書き込むなど、キャスト・スタッフともに大喜びしていた。そこで、俳優としても活躍しているじろうに番組から熱烈オファー! ついに最終話で、ゲスト出演が実現した。じろうが扮するのは警察官。柴田が女児連続殺人事件の容疑者として注視してきた雲行寺の住職・深見龍之介(リリー・フランキー)も登場する“ある”重要なシーンに登場する。物語の行方と合わせて、じろうの出演シーンに注目だ。

<最終話(第9話)あらすじ>

和菓子店「嘴屋(くちばしや)」の大女将・関川ふみに刺された刑事・柴田俊哉(生瀬)が、病院に緊急搬送される。しかし、傷がかなり深く危険な状態。ペアを組む部下・野間健太(戸塚)や新聞記者・新谷詠美(白石)は、柴田の無事を祈り続ける。

その頃、新潟県警では捜査一課長・佐々木文雄(岩谷)が、ふみの取り調べをしていた。のらりくらりと追及をかわすふみだが、もう一人の共犯者について話が及んだ途端、すべての女児連続誘拐殺人事件は自分が起こしたと自供し始める。また、柴田を刺した理由について問われると、雲行寺の住職・深見龍之介(リリー・フランキー)のことを悪く言ったからだと、うっとりした表情を浮かべて……?

一方、総理大臣臨時代理・藤沼恵美子(峯村リエ)は、大規模テロを企てている某国の工作員を特定。公安が監視を続ける中、ヘミングウェイ(斎藤)に“未来を選ぶ能力”で、日本を危機から救ってほしいと懇願する。NPO法人「しあわせの鐘の家」の代表・ローゼン岸本(野間口)らが、彼が描く未来について密かに準備を進める中、ヘミングウェイは、未来を変えようと一心不乱に絵を描き続ける。

そんな彼の姿を見た詠美は、日本が滅亡の危機に瀕していること、彼が違う未来を描こうとしていることを知る。そして、どうしても“もう一つの未来”のイメージが湧いてこないと嘆くヘミングウェイを、そっと抱き締める。

 

そんな中、ヘミングウェイが“預言者”に正式就任する“最初の鐘を鳴らす日”がやってくる――。はたして、ヘミングウェイは日本を救うことができるのか? そして、彼が選んだ未来とは?