冨永愛、米倉涼子

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第7シリーズが10月14日にスタート。第1話に冨永愛がゲスト出演する。

100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台の第7シリーズ。最新作では、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。フリーランス外科医・大門未知子(米倉)、そして別棟の分院へ追いやられた外科と、真っ向から対立していく。

トップモデルとしてファッション業界の第一線で活躍する一方、近年は『グランメゾン東京』(2019年)などドラマや映画にも出演し、女優としても活動の場を広げている冨永。「モデルと違って言葉の表現もありますし、演技は総合芸術。すごく挑戦しがいがあるので、今後もいろんな役を演じたい! 機会があれば、お医者さん役にもぜひ挑戦したいです」という彼女が、『ドクターX』で政治家&患者役に初挑戦する。

冨永が今回演じるのは、SDGsにも精力的に取り組む参議院議員・一橋由華。現在「公益財団法人ジョイセフ アンバサダー」や「エシカルライフスタイルSDGs アンバサダー(消費者庁)」として社会貢献する冨永に、まさにうってつけの役といえる。しかし何と言っても、今回演じるのはあくまで政治家。「政治家としての立ち居振る舞いなどは、リアルな政治家の方々を見ながらイメージを膨らませました」と、丁寧な役作りについて明かす。

そんな冨永にとって、もうひとつの課題となったのが“患者役”という側面。由華は、胆石症のオペを未知子に依頼した矢先、急性胆のう炎で倒れてしまうことに。事前リサーチで急性胆のう炎の痛みが半端ないと知った冨永は「そこはリアルに見せたい」と奮起。なんと「倒れるお芝居は本当に難しく、実はリアルを追求した結果、肩を痛めてしまった」のだとか。「まさに“渾身の倒れ”です(笑)。その成果をぜひ見ていただきたいです!」と語る。

また、未知子を演じる米倉とは8年前から面識があるものの、ドラマでは今回が初共演となる。「初めてお会いしたときから全然変わらず綺麗で、とってもパワフルな米倉さんと、現場でいろんなお話ができて楽しかったです」と頬を緩ませる冨永だが、劇中ではピリピリする瞬間が到来……!? というのも、由華は政治家として脇目も振らず突き進むあまり、やがて社会と「東帝大学病院」に激震が走る“緊急事態”を招いてしまうことに。そのせいで、未知子とも真っ向から対立する瞬間が訪れてしまう。

冨永はこのシーンの撮影も大いに楽しんだようで、「今回は米倉さんとバチバチのバトルも演じているので(笑)、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいです」とアピールしている。

<冨永愛 コメント全文>

私が演じる一橋由華は、日本をいい方向へ導こうとする、パワーに満ちた政治家です。その一方で、お嬢さん育ちだからワガママな部分もあるんだろうなぁ……と思いながら演じました。政治家としての立ち居振る舞いなどは、リアルな政治家の方々を見ながらイメージを膨らませました。

また、今回は患者役でもあります。由華は急性胆のう炎で倒れるのですが、痛みが半端ないと聞いていたので、そこはリアルに見せたいと思い、一生懸命演じさせていただきました。倒れるお芝居は本当に難しく、実はリアルを追求した結果、肩を痛めてしまったんです。まさに“渾身の倒れ”です(笑)。その成果をぜひ見ていただきたいです!

手術室の撮影でも、本当に貴重な経験をさせていただきました。手術台に横たわるのはすごく怖いし、ドキドキしますね。しかも『ドクターX』の手術室にある医療器械は、すべて本物なんですよ! 私自身も手術を受けた経験はあるのですが、そのときは麻酔で意識が朦朧としていたので、しらふの状態で中を見たのは今回が初めて! 思わずじっくり見回し、さらに緊張感が高まりました。

ドラマの現場には慣れてきたとはいえ、いつだって超アウェイ(笑)。とにかく皆さんに迷惑を掛けないよう、毎回勉強だと思って臨んでいます。と同時に、私は表現することが好きなので、女優業も心から楽しんでいるんです。モデルと違って言葉の表現もありますし、演技は総合芸術。すごく挑戦しがいがあるので、今後もいろんな役を演じたい! 機会があれば、お医者さん役にもぜひ挑戦したいです。