EV・PHEVのダイナミックプライシングを活用した充電シフト実証事業のモニター募集が開始|MCリテールエナジー/三菱自動車|

MCリテールエナジーと三菱自動車は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「令和3年度 ダイナミックプライシングによる電動車の重電シフト実証事業*」のモニター募集を2021年9月22日より開始した。募集期間は2021年11月25日まで。

 

【画像】実証事業のモニターの流れ

この実証事業は、将来のEV・PHEVの電動車普及拡大に起因する、充電時間が集中することによって起こる電力への負荷増大を回避するため、電力需給状況などに応じて電気料金が変動するダイナミックプライシングによる効率的な充電時間のシフト実証を行うもの。同時に、ユーザービリティ向上のためのアプリの活用や、充電遠隔制御外部充電へのサービス展開の検証を行う。

実証事業の詳細 https://hubs.la/H0Wl_Pd0

 

具体的には、日本卸電力取引所(JEPX)の電力量単価でもっとも安い時間帯の4時間をEV・PHEVへの充電無料時間として前日正午までに実証に協力するモニターにSNSアプリまたはメールにて通知し、EV・PHEVへ充電してもらうというもの。

 

モニターに参加すると、毎日4時間分の充電料金が無料となるほか、条件を満たすと6万円の協力金がもらえる。

対象エリアは、東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力の管轄エリア(離島を除く)。

 

モニターの対象は、EV・PHEVを購入する人、もしくは所有している人(新車・中古車どちらでも可)。EV・PHEVの充電施設の設置が可能であることが条件となり、個人・法人は不問。

 

モニター参加条件などは以下のとおり。

 

■モニター参加条件

・EV・PHEVのオーナー(リース契約含む)。または、EV・PHEVを購入予定(2021年12月25日までに納車されること)の人

 

・EV・PHEV用電動車用充電設備を敷地内に持っている人。または、2021年12月25日までに設置する人(設置費用はオーナー負担・コンセント可)

 

・モニター協力期間の毎日無料時間が変動する期間内に1回以上EV・PHEVへの充電が可能な人

 

・「毎日充電無料プラン」または「毎日充電無料CO2フリープラン」の加入を承諾できる人(2021年12月25日までに開始、2022年1月31日まで継続)

 

・自宅に充電使用量計測機器の設置を承諾できる人(2022年3月31日まで設置を継続。また、引っ越さないこと)

 

・2回実施するアンケートに回答できる人(指定期日内での回答が必須)

 

■モニター申し込み方法

 

モニターの申し込みは下記URLにて行う

URL:https://cs.machi-ene.jp/evdpricing2

 

 

[実証事業参加企業の概要]

■MCリテールエナジー株式会社

・本社所在地:東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

・創立:2015年

・事業内容:電力小売事業

・代表者:代表取締役社長  鈴木慎一郎

・ホームページ:https://www.machi-ene.jp/

 

■三菱自動車工業株式会社

・本社所在地:東京都港区芝浦三丁目1番21号

・創立:1970年

・事業内容:自動車の開発・製造・販売

・代表者:代表執行役社長兼最高経営責任者 加藤隆雄

・ホームページ:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/

 

 

[モニター参加についての問い合わせ先]

まちエネ カスタマーセンター

TEL:0120-50-1155

受付時間:月〜土曜日の9:00〜17:00(祝日、年末年始を除く)

 

 

*:正式名称「令和3年度蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業)」

 

 

〈文=ドライバーWeb編集部〉