寺島拓篤が明かす花降る新曲MV&ライブパフォーマンスの裏側

8月25日に11thシングル『Reincarnate』を発売し、いよいよ9月22日には、オンラインライブ『TAKUMA TERASHIMA ONLINE LIVE 2020 4th STAGE ~ ASSEMBLE ~』の模様を収録したBlu-rayをリリースする寺島拓篤さん。閉塞感のある世の中においても、寺島さんのクリエイティブな姿勢は一向に衰えを見せない。今回はそんな両リリースタイトルを通じて、寺島さんにアーティストとしての展望を語っていただいた。

──11thシングル『Reincarnate』が発売となりました。

寺島 今回、作曲と編曲はR・O・Nさんが担当してくださいました。個人的にバラードを歌うのがあまり得意ではないということもあって、難しそうだなという印象を受けました。

──R・O・Nさんの楽曲は作家性が強いですよね。

寺島 強いですよ(笑)! ご本人が歌われるということもありますし、曲を聴いただけで「あっ、R・O・Nさんの楽曲だ!」ってすぐに分かります(笑)。

──作詞は寺島さん自身が担当されています。作詞をする上で、自分の「カラー」はどんな部分にあると寺島さんは考えていらっしゃいますか?

寺島 今年の4月に発売された熊田茜音さんの『Brand new diary』に歌詞提供もさせていただきましたが、楽曲の感想を辿っていたら「てらしーの作詞って感じ!」という意見を見つけたりもしまして(笑)。でも、自分でそれがどこなのかは明確ではなくて……。おそらく、似たフレーズを繰り返したり、一番と二番で共通項を作ったり、そういった作家性みたいなものが自然と出てきたんだと思います。これだけ作詞をしてきて何もなかったら問題でしょうし(笑)。

──自覚して武器にするというよりは、あくまで自然に?

寺島 そうですね……。うまく自然とにじみ出て良い方向に働いていたらいいなぁとは思っています。このスタンスは自分の曲だけでなく歌詞提供をする場合も一緒。ただ、歌詞提供をする場合は自分の色を出すだけではなくて「そのアーティストさんやファンが喜んでくれるような内容」であることも大切にしようと考えています。

──今後も歌詞提供はしていきたい?

寺島 もちろんです! 『King&Rogueone』を除けば、歌詞提供は熊田さんが初めて。「女性の方に自分の歌詞を歌ってもらうと、こうなるのか」という発見もありましたし、本当に良い経験をさせていただきました!

──MVの撮影についても教えてください。SNSでは撮影日が大雨だったとも呟かれていましたが……。

寺島 あまりに音が激しくて「雹!?」って現場が騒然となるほどの大雨でした。もともと僕は「ロケがいいなぁ」って言っていたのですが、室内での撮影で本当に良かった(笑)。そして、屋内にして良かったという気持ちは単純な天気だけじゃなく、スタジオの作り込みを見た時にも感じましたね。あと、実はMVを撮ったスタジオが『TAKUMA TERASHIMA ONLINE LIVE 2020 4th STAGE ~ ASSEMBLE ~』と同じ会場で「えっ、ライブやったとこじゃん!」ってビックリしたんですよ。帰ってきたというホーム感もありましたし、またライブをやりたいという気持ちも込み上げてきました。

──MVはアナログとデジタルが融合した映像美も魅力的です。

寺島 映像の中でお花が雨のように降るタイミングに合わせて、物理的にもお花を降らせたり、これまで打ち出してきた「アナログとデジタルの融合」をしっかりと踏襲した感じです。スクリーンもめちゃめちゃ大きいのに映像も細かくて、間近に寄るまでドットすら認識できませんでした(笑)。

──歩くシーンでは、死角になるようにランニングマシーンを配置してその上を歩いていたそうですね。

寺島 「間奏に入ったら速度を上げよう」みたいな感じで、じつは結構細かく速度を調整していたりします。リアルタイムで変化を付けたりということはありませんでしたが(笑)。久しぶりのMV撮影ではありましたけど、現場で他のスタッフさんたちのそれぞれの仕事に対する熱量を改めて感じ取れたのは僕にとっても良かったし、ありがたかったです。メイキングでついてくださっていたカメラマンさんにも、「こういうところがすごいんです!」と裏方のスタッフさんをアピールしまくったので、そちらも是非チェックしてもらえると嬉しいです。どこまで採用されているのかは分かりませんが(笑)。

──スタッフさんの力をそれだけ感じたと。

寺島 いやー、これはMV撮影に限った話ではないんですけど、スタッフさんもすごいんですよ! お花を降らせるにしても、スタッフさんがいなかったらできない演出ですからね。皆さんに見えないところで照明のスタッフさんが明るさを精緻に調整してくれたりも……。僕にあまり知識がないので「えっ、照明の具合とかでどこがどう変わるの?」って感じだったりもするんですけど、写真を見ると思いっきり印象が変わっていたりするからすごい!

──MVやジャケットの絵作りに対するアイデアを寺島さん自身から出してみたいという気持ちは?

寺島 いやいや! 無理ですよ(笑)! 像のプロットを出すだけならやってみたい気持ちはありますが、技術や知識的な部分はもちろん、頭の中で映像を思い描いて決断をするというのができないタイプなので。「こっちのアイディアが良いなぁ……。あっ、でもやっぱりさっきの方が良いかも……」と決断力がないわりに色々と考えてしまって、迷惑をかけてしまう気配がします(笑)。今は撮影されることが楽しいのでそれで満足でしょうか。

──『TAKUMA TERASHIMA ONLINE LIVE 2020 4th STAGE ~ ASSEMBLE ~』の模様を収録したBlu−rayも9月22日にリリースされます。改めて、ライブを振り返ってみていかがですか?

寺島 オンラインライブは初の試みでしたが、曲数や選曲などについても相談を重ねて……中でも絵作りに関してはものすごく考えましたね。でも、個人的には上手くいったという手応えもあって! バンド編成とダンサーを引き連れてのパフォーマンスで変化もつけられましたし、ラジオで相方を務めてくれている羽多野渉君もライブを観て「すごいね!」って褒めてくれました。

──同じくアーティストとして活動する羽多野さんも認めてくれたと。

寺島 彼は僕とは全然違うテイストで活動しているというのもありますけど、だからこそ「カメラの台数からしてすごい」とか「そこまで踊るの!?」(笑)。羽多野くんのライブにも参加していた、ウチのメンバーとしてもお馴染みのマニピュレーターのげっち(青木繁男)さんも「てらしーってなんであんなに自分を追い詰めるの?」って羽多野くんに言っていたみたいです。そう、本人から聞きました(笑)。

──寺島さんはストイックなイメージがありますが、周りから直接言われることは少ないんでしょうか?

寺島 全然ないですね! ただ、言われないだけで ”自分を追い詰める奴” って思われている可能性はあります(笑)。ダンスナンバーを入れまくるのもそうだし、あと、やりがちなのはライブ冒頭から4曲連続でパフォーマンスする構成(笑)。

──一般的には多くても3曲ぐらいまでですよね(笑)。

寺島 M.O.Eのライブでも4曲行きたがって「えっ!?」って言われましたが、結局行きました(笑)。もしかしたら、僕はパフォーマーとしては、逆境に追いつめられた方が本領を発揮できるタイプの人間なのかも。あえて窮地に飛び込んでいくというか……。『モンスターハンター』でいえば、大タル爆弾でわざと自爆して火事場状態になって戦うような感じというか(笑)。もうこればかりは変えようのないカラーなので。

──今回のオンラインライブは映像でもすごい仕上がりになっているという自負が。

寺島 そうですね。だったらいいなぁ……(笑)。できればお客さんを入れてやりたかったという気持ちはもちろんありましたけど、それはそれとして切り分けて、こちらをやりきれたことに満足……いえ、大満足しています! 特にこれまでに比べてパフォーマンスの中でカメラを意識することができたのは大きな経験になったと思います。 ”寄り” を意識したパフォーマンスができたわけだから、今度はお客さん一人一人の視野をカメラであると意識してパフォーマンスができれば、より高いステージにいけるんじゃないかなと思っています!

>>>ニューシングル・Blu−rayのジャケットを見る(写真5点)

寺島拓篤(てらしま たくま)

12月20日生まれ。アクセルワン所属。主な出演作は『EDENS ZERO』(シキ・グランベル)、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』(阿部充)ほか。