『RE-MAIN』第11話 県大会初戦、六花学園の作戦に苦戦

2021年7月3日(土)より放送中のオリジナルアニメ『RE−MAIN』の第11話あらすじ、場面カットが解禁となった。

本作はアニメ『TIGER & BUNNY』などの脚本を手がけた西田征史が、原作・総監督・シリーズ構成・全話脚本・音響監督を務め、『ユーリ!!! on ICE』といった話題作を生み出し続けるアニメーション制作会社MAPPAとタッグを組み、誰も見たことのない初の本格水球TVアニメに挑む。

中学3年の冬、ある出来事を境に水球をやめた主人公・清水みなと。彼は高校に入学し、ひとつの約束をキッカケにそこで出会った仲間たちと水球を始めることになる。だが、弱小水球部には様々な困難が待ち受けていて……。

第11話は9月25日(土)25:30より、テレビ朝日系全国24局ネット ”NUMAnimation” 枠にて放送・配信開始。あらすじ、場面カットはこちら!

<第11話 「出せ! 俺に出せ!」>

緊張した面持ちで県大会当日を迎えた山南水球部。みなとは自分がチームを引っ張っていこうと六花学園との初戦に臨む。だが、六花学園がとってきた作戦に対し、山南は自分たちの攻撃パターンに持ち込めず……。

>>>挽回なるか!第11話場面カットを全て見る(写真8点)

(C)RE-MAIN Project