BASE、ネットショップの売上金で支払いできる「BASEカード」発行 来年にモバイル決済、リアルカードに対応

ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を運営するBASEは9月21日、「BASE」加盟店のキャッシュフロー早期化を目的に、ネットショップの売り上げを全国のVISA加盟店で即日利用できるバーチャルカード「BASEカード」の提供を開始した。同日、先行受付を開始し、翌週以降に順次バーチャルカードの発行を行う。9月28日~12月26日、カード利用時の決済金額から最大で5%をキャッシュバックする「BASEカードリリース記念キャンペーン」を実施し、利用促進を図る。

【<図5点>ショップアンケートで分かった資金繰りの課題はこちら】

BASEはこれまでも、加盟店に対して売上金の入金日を最短で翌営業日に短縮できる「お急ぎ振込」や、資金調達をリスクなく行えるサービス「YELL BANK(エールバンク)」を通じて、個人やスモールチームが運営するネットショップの資金繰り早期化を推進してきた。今回提供を開始する「BASEカード」では、顕在化した資金ニーズの解消だけではなく、ショップオーナーが資金の悩みに直面することなくいつでも円滑な経済活動を行えるように、さらに多くの潜在的な資金課題に対する予防を見据えてサービスを提供する。

「BASE」カードの発行対象となる「BASE」加盟店の現状として、9割以上が4人以下でネットショップを運営する個人・スモールチームという特徴がある。かねてより「BASE」では、ショップオーナーが抱える潜在的な資金繰りの課題について将来的な対応を検討してきたが、「BASE」加盟店を対象に実施した資金繰りに関する最新のアンケート調査によって、実際に資金繰りの悩みに直面しても「解消に踏み出せない」「何をしたら良いかわからない」といった対策面での課題があることが分かった。

資金繰りに関しては、回答者の半数以上が「困った経験がある」と回答しているが、それについて実施した対策に関しては、約4割が「何もしていない」と回答しており、課題に直面していても適切な解決方法にたどり着けていない現状があるという。

「BASE」ではもとより、一般的な決済サービスでは月末締め、翌月数営業日後に入金されるサイクルが多い中で、ショップオーナーからの売上金の振込申請に対して10営業日後には口座に売上を入金するという早期入金サイクルを提供してきたが、「ネットショップの売り上げが入金されるまでの時間(10営業日)を長いと感じている」と回答したショップオーナーが回答者の約7割も存在していた。

「BASE」では、こうした個人・スモールチームの資金繰りに関する課題は、キャッシュフロー早期化により解消され、いつでも売上金を使用できる状態にすることで、よりショップオーナーの経済活動がスムーズに行われると考えている。

そこで、まずは、オンライン決済で利用可能なバーチャルカード「BASEカード」の発行を開始する。2022年の上半期中にはリアルカードの発行も予定しており、オンライン・オフライン問わずネットショップの売り上げを好きなタイミングで使用できる環境を目指す。