楽天・田中将大 (C)Kyodo News

◆ 痛恨2被弾で3点リード守れず

 3位の楽天は3点リードを守れず逆転負け。5回を投げ復帰後ワーストの5点を失った先発・田中将大は6敗目(4勝)を喫した。

 楽天は2回、8番・山﨑剛が二塁強襲の適時内野安打を放ち先制。なおも二死一、二塁で1番・小深田大翔が右越えの2点適時二塁打を放ち3-0とリードを広げた。

 打線の援護を受けた田中将だったが、4回に5番・デスパイネに左翼席への2ラン被弾。1点差に迫られた5回は、二死から2番・川瀬晃に左前打を許したあと、3番・栗原陵矢に逆転となる2ランを右翼席へ運ばれた。さらに安打と四球で一、二塁のピンチを招き、6番・牧原大成には左前適時打を浴び5失点目。二死無走者からまさかの4連打を食らい、5回8安打5失点の内容でマウンドを降りた。

 20日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷沢健一さんは田中将の投球内容について「今年はストレートに勢いがない。小さい変化、ツーシーム、カットボールそういうボールが多いんだけど、やはりストレートがいまひとつ走らないので打者の待ち方もそういうボールに絞ってミートするという。今日の栗原、デスパイネのホームランはそんな狙いの絞り方だった」と振り返り、ストレートで抑え込めないため、打者に変化球を狙われていることを指摘した。

 同じく解説の笘篠賢治さんも「ホームランが気になるところ。(6試合連続被弾は)今年はちょっと打たれすぎかな」とコメント。ストレートが走らないという指摘については「5回、6回まで行ってくれというなら真っすぐで押してもいいんですが、今は抑えの松井がいない状況で、やっぱり1イニングでも長く投げなければという意識をずっと持って投げていることは確かなんですよ」と擁護した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』