老後のお金や生活費が足りるのか、不安に思っている人も多いのではないでしょうか。そんな皆さんの悩みや疑問に専門家が回答するコーナーです。今回は、50代になったときの老後の備え方についてです。

お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。50代になったときの老後の備え方について専門家が回答します。

◆Q:50代になったらやっておきたいお金のことって?

◆A:家計収支の把握、これからの収入、家族の今後のことを確認しておく

60代では子どもは成人していることが多いので、消費支出は50代より少なくなります。しかし、60代以降は、働いていたとしても給与が下がることも多いので、自分の家計の収支を50代のころからしっかり把握しておきたいものです。

50代のうちから60歳以降も会社員として勤務するか、自分で仕事を請け負うなどして、収入を得られるように準備しておくか、働き方についてはしっかり考えておきたいものです。

最後に家族についてです。老後の生活を支える年金ですが、日本の年金制度は家族単位のため、夫婦で仲良く長生きするのが、より多く年金をもらうコツです。そして、親亡き後の子どもの生活までは考慮されていないのも特徴です。

子どもに対する遺族年金は高校卒業までとなってしまいます。子どもの進路や働き方など、しっかり自立ができるのかについても考えておきたいタイミングです。

親世代と比べて、今の高校生以下が大人になる頃までにはもっと非正規雇用も増えるでしょうし、正社員も右肩上がりで給料が上がっていく時代ではありません。安定収入を得られていない若い世代も多いので、将来的に、持ち家を引き継げるようにしておく等、親も準備しておくといいでしょう。

50代だと早いと思われるかもしれませんが、貯金と負債の状況も把握し、早めに財産を棚卸しておくことをおすすめします。遺言を書くのはまだ早いと思われますが、相続人については確認したほうがいいでしょう。

文:拝野 洋子(マネーガイド)

文=拝野 洋子(マネーガイド)