「Oisix」、カツオの「ハギレ」を使った「国産本カツオ漬け丼」を開発 豊洲漁商産直市場と共同で

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地は9月9日、食品宅配サービス「Oisix」において、本年3月に連結子会社化した豊洲漁商産直市場と共同開発した「【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼」の販売を開始した。見栄えや重量合わせのためカットされる鰹の「ハギレ」を用い、旬の魚を無駄にしない新たな取り組みにより商品化した。

「Oisix」と豊洲漁商産直市場が共同開発した「【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼」は、焼津漁港で水揚げされた新鮮な国産本カツオを漬けにし、解凍後、あたたかいご飯に盛り付けるだけでおいしい鰹の漬け丼を楽しむことができる商品。原料には、「ハギレ」と呼ばれる部分を使用している点が特徴となる。

「ハギレ」とは、形やグラム数の調整のために販売前に切り落とされた部分のこと。おいしく食べることができるにも関わらず、寿司店など外食で使用する際に見栄えのよい柵(さく)に整える、納品時の指定で全商品同じ重さに揃えるなどの理由で切り落とされている。規格品より安い値段で売買される一方で、規格品を製造しなければ生じないという特性から、必要なときに必要な数量が調達できないという課題がある。また、姿形や重量がまちまちなため、加工するには手間もかかり、商品の仕上がりを一定のクオリティに仕上げる技術も必要となる。

同じ形・同じ色・同じ品質、同じ重量の刺身をいつでも買えるのが当たり前となっている現状において、どうしても出来てしまう「ハギレ」を余さずおいしく、かつ手軽に食べられるよう、原料販売者・製造工場・販売者が同じ課題に協働して取り組み、ハギレを調達次第製造できるようにすることで商品開発が実現した。「【豊洲目利き人厳選】国産本カツオ漬け丼」の価格は538円(1人前/税込)、販売期間は9月9日~9月16日。

長期化する巣ごもりにより、家庭内での調理の負担は高まり、「食事のマンネリ」や「家事疲れ」が顕在化している。豊洲漁商産直市場は、豊洲市場などでの市場買付に加え、全国各地の漁場から直接買付けることにより、中間流通を通さず鮮度の高い状態で提供できる独自の流通網と、魚の調理法のバリエーションが広がる提案を強味としている。オイシックス・ラ・大地では豊洲漁商産直市場と共に、旬の魚が持つ価値はそのままに、家庭向けに商品化することで魚を「手軽に」おいしく楽しんでもらうことを目的に、「Oisix」を始め展開するサービスで魚商品の共同開発をスタートしており、高級魚ののどぐろを使った炊き込みごはんなども商品化し、好評を得ている。