『そこ曲がったら、櫻坂?』新曲センター・田村保乃の朗らかな人柄のルーツは家族にあり?

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第134回となる今回の観測期間は9月7日(火)~9月13日(月)。

【関連写真】田村保乃がセンターを務める櫻坂46、3rdシングルMVカット【7点】

   *     *     *

先日公開されたニューシングル表題曲『流れ弾』のMVも話題の櫻坂46。そのセンターを務めるのが田村保乃であり、9月12日(日)放送『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)では「新センター田村保乃の人生を一歩目から知ろう!」と題して彼女の半生を振り返る企画が放送されたのですが、これがまた終始心温まる内容でした。

ホームビデオで撮影された映像には、幼少期の田村がひなまつりの日に兄と仲良くはしゃぐ様子や、クリスマスの翌朝にプリンセス衣装を着て喜ぶ姿などが。そして母親からの手紙が読み上げられると田村は「上京してから両親のありがたみとか家族の大切さとかをすごく感じて」と涙。さらにはその母親とサプライズで電話中継まで。

電話出演した母親の軽妙なトークからは明るく優しそうな人柄が伝わってきて、「こういう明るい家庭で愛されて育ったからこそ今の田村がいるんだろうな」と容易に想像できましたよね。番組の途中でMC・澤部佑も「泣きそうになっちゃうよ」「田村とお兄ちゃんが元気に大きくなっているっていうのだけで、俺はもういい」なんて言っていましたけど、筆者もまったく同じ気持ちになりました。なんなんですかねこの気持ち? アイドル番組を見ていてこんな感情になったのって珍しい気がするなあ。

さて家族の話つながりでいえば、9月12日(日)放送『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)において潮紗理菜が“乱暴な言葉遣いをするたびに1回500円罰金”“一芸を身に付けるために、けん玉を連続でできたらお小遣い”などの家庭のルールがあったと話したほか、高本彩花の父親は新車のナンバープレートを“46”にしたなんて話も。いずれにしても、形は違えど我が子を愛する気持ちは皆同じということでしょう。とりあえず50代になってもJリーガーを目指しているなど逸話の多い高本父についてはどこかのタイミングでフィーチャーしていただけたら!

【あわせて読む】5日に渡るフリオチ? 「見たことない景色」を見せた『日向坂で会いましょう』あだ名争奪バトルのカオス

◆9月18日(土)

◆9月19日(日)

◆9月19日(日)

◆9月19日(日)

◆9月20日(月)

『イコノイ、どーですか?』

TBS/毎週月曜25:58~/出演:=LOVE、≠ME

「ニューヨークと仲良し大作戦」前編。赤坂一狭いスタジオを飛び出し念願のロケ実現