桜井玲香がドラマ『東京放置食堂』に出演、握手会のプレッシャーから逃げてきたアイドルを演じる

9月15日(水)深夜1時10分からスタートする片桐はいり主演の『東京放置食堂』(テレビ東京 水ドラ25)の第2話に桜井玲香が出演する。

【関連写真】乃木坂46 OGがドラマ共演、伊藤万理華と桜井玲香のツーショット

ドラマの舞台は「大島」。東京都内ながら23区から120キロも離れた太平洋に浮かぶ島で別名「東京アイランド」。都内とは思えないほど、大自然に溢れ、街の喧騒から放置された時間の流れを忘れられるこの場所だからこそ育まれる魅力的な人間模様・島グルメが色濃く描かれる。

ドラマには毎話、ゲストが登場し、桜井玲香は握手会前のプレッシャーに耐えられず、逃げて大島までやってきたアイドルを演じる。

桜井は「どこを見渡しても自然、自然、自然!の大自然にあふれた宝の島、大島を走り回ってきました! あんなに走ったのはいつ以来だったんだろう…。片桐さんとの共演も夢のようで、大切な時間になりました。とっても緊張しましたが貴重な体験をさせていただいた時間をみなさまにも是非ご覧いただきたいです!素敵な仕上がりになっていると思います。楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

なお、今回、その他にも第1話ゲスト・近藤公園、第3話ゲスト・竹中直人、第4話ゲスト・前田敦子が解禁された。

【あわせて読む】乃木坂46 高山一実が真っ直ぐ突き進んだ10年間とグループに残した"温かさ"