WEB接客ツール「Flipdesk」、小規模事業者向けの低価格プラン提供 月額3980円で導入可能

WEB接客ツール「Flipdesk(フリップデスク)」を提供するフリップデスクは9月14日、スタートアップや小規模サイト向けの新プラン「Flipdesk Light(β版)」の提供を開始した。手軽に導入可能なプランの提供により、ツールの導入にハードルがあった小規模事業者への対応を図った。「Flipdesk Light(β版)」の提供期間は2022年2月28日までとなる。

「Flipdesk」は、サイトに訪問したユーザーの訪問・閲覧・購買データをもとに、趣味趣向を把握し、適切な情報訴求を行うことができるWEB接客ツール。キャンペーン告知やクーポン発行、チャットサポートなどを行うことで、一人ひとりの状況に合った最適な接客を実現し、CX(顧客体験)を向上させることにより、購買率の向上やサイト内回遊・会員登録の促進、離脱率の低減などに貢献する。

このほど販売を開始した「Flipdesk Light(β版)」は、スタートアップや小規模サイト、最低限の機能を使いたい人向けの新プラン。営業を介さずユーザー自身が登録し、即日に利用が可能という申し込みの手軽さを実現している。本来のマーケティングツールの価値を提供するため大規模サイト向けの機能を削り、「Flipdesk」のコア機能を簡単に導入できる。また、機能を抑えたことにより、既存プランより安価に利用できるという特徴も備える。

コロナ禍においてECやD2C事業が加速するなか、Webサイト上での接客スタイルは変化を求められており、Web接客ツール導入を検討する企業も増えている。最近では、営業を介さず、会員登録から利用開始までをユーザー自身で行えるクラウドツールが主流のなか、多くのWeb接客ツールは対面営業を介して導入しなければならない状況だったとし、「Flipdesk」の強みである「ユーザーリテラシーを問わず親しみやすいインターフェース」をより多くの人が手軽に導入できる新プラン「Flipdesk Light(β版)」の提供に至ったとしている。

「Flipdesk Light(β版)」は提供期間が2021年9月14日~2022年2月28日。初期費用は無料で、月額利用料は3980円。本来はPV数や利用状況に応じて料金プランが変動するが、β版提供期間中に限り、同プラン最安値の3,980円にて提供する。