オリックス・宮城 (C)Kyodo News

○ 楽天 4 - 1 オリックス ●

<17回戦・楽天生命パーク>

 オリックスは後半戦初の3連敗。ソフトバンクに勝利した首位・ロッテとのゲーム差は3に広がった。

 この日も計5安打と打線が振るわなかった。楽天先発・早川の前に7回までゼロ行進。3点を追う8回、2番・宗の猛打賞となる適時内野安打で1点を返したが、完封負けを回避するのがやっとだった。この3連敗中は0点、1点、1点と3試合連続で1得点以下。主砲・吉田正の不在が改めて響く結果となった。

 先発の宮城は初回、3番・浅村に先制のソロ被弾。5回は二死から楽天打線に捕まり、押し出し四球を含め2点を失った。6回途中6安打3失点で、6月2日の阪神戦(甲子園)以来の黒星となる今季2敗目(11勝)。降板後「任されたイニングはなんとか投げ切りたかったですし、ゲームを作ることができず悔しいです」と話した。