ノックする桑田コーチ 巨人S班キャンプ (C) Kyodo News

 10日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』で巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐のインタビューが放送され、優勝を争うヤクルトの打線で警戒している打者にオスナの名前を挙げた。

 桑田コーチは「オスナが入ったことによって、非常に打線に相乗効果といいますか、厚みが出てきましたよね。オスナを警戒しながら、山田君と村上君がいるんですけど、オスナが非常に僕らベンチで見ていて厄介なんですね」と警戒している理由を明かした。

 同日放送されたショウアップナイターの中継で解説を務めた井端弘和氏は、ヤクルト打線について「ダブルクリーンナップ的なところがありますし、山田選手、村上選手と繋がってきたときのオスナ選手というのは非常に怖い。打線の厚みが出て得点力がアップして、ピッチャーを楽にさせているのかなと感じますけどね」と分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)