リーズに勝利したリヴァプール [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第4節が12日に行われ、リーズとリヴァプールが対戦した。

 試合開始5分、リーズに最初のチャンスが訪れる。カルヴァン・フィリップスが右サイドにロングパスを供給すると、受け取ったハフィーニャがペナルティエリア右に侵入。ハフィーニャはエリア中央でフリーになっていたパトリック・バンフォードに横パスを出すと、バンフォードは左足を振り抜く。しかしシュートはGKアリソンの正面に飛ぶ。

 20分、リヴァプールが先制に成功する。ジョエル・マティプが右サイドを上がってきたトレント・アレクサンダー・アーノルドにパスを出すと、アーノルドはワンタッチで折り返す。このボールをモハメド・サラーがゴール前で押し込み、ネットを揺らした。

 リヴァプールは24分、右サイドに開いたサラーがクロスを上げると、前線に上がってきたチアゴがファーで合わせる。頭で狙ったシュートがゴール中央に突き刺さったが、サラーがオフサイドラインを超えていたとしてゴールは認められない。

 追加点を狙うリヴァプールは38分、サラーがグラウンダーのクロスを入れると、中央のハーヴェイ・エリオットが受け取る。エリオットはエリア外からミドルシュートを放つが、わずかに枠の左にそれる。前半はその後スコアが動かず、リヴァプールの1点リードで後半に入る。

 50分、リヴァプールが右コーナーキックを獲得すると、アーノルドがクロスを供給する。フィルジル・ファン・ダイクがヘッドで合わせると、最後はファビーニョがボールを押し込みゴール。リヴァプールが追加点を獲得した。

 リーズは56分、ジャック・ハリソンが左サイド突破して、ペナルティエリア左に入る。ハリソンが中央のタイラー・ロバーツに折り返すと、ロバーツは右足を振り抜く。しかしシュートはわずかに右に外れた。

 60分、リーズDFパスカル・ストライクがエリオットを倒してレッドカードが提示されて一発退場。ピッチに倒れこんだエリオットはジョーダン・ヘンダーソンと負傷交代した。

 追いつきたいリーズは75分、ハフィーニャが右サイドで裏に抜けると、その動きに合わせてルーク・アイリングがスルーパス。ハフィーニャが快速を活かして突破すると、ゴール前に上がってきたバンフォードに折り返す。バンフォードは合わせられず、GKがキャッチ。

 83分、バンフォードがチアゴからボールを奪うとセンターサークル付近からそのままロングシュートを放つ。GKアリソンは手を伸ばして外に弾き出し、同点弾とはならない。

 後半アディショナルタイムの90+2分、ヘンダーソンが右クロスを入れると、チアゴがファーで受け取る。チアゴは中央に折り返すと、最後はサディオ・マネが押し込みゴール。リヴァプールが3点目を獲得した。

 このまま試合は終了して、3-0でリヴァプールがリーズに勝利。リーズは2分2敗、リヴァプールは3勝1分となった。

 次節、リーズは17日にニューカッスルと対戦し、リヴァプールはクリスタル・パレスと対戦する。

【スコア】
リーズ 0-3 リヴァプール

【得点者】
0-1 20分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0-2 50分 ファビーニョ(リヴァプール)
0-3 90+2分 サディオ・マネ(リヴァプール)